株式・ETF

配当金で月5万円稼ぐにはいくら必要?資産運用に強い税理士が解説

悩んでいる方
配当金で月5万円稼げれば生活がとても楽になるんだけど、いくら必要なんだろう?

どのぐらいリスクをとるかによりますが、750万円~7,500万円程度の資産があれば達成できます。

この記事では、投資家かつ税理士の坂根が解説します。

配当金で月5万円稼ぐにはいくら必要?

配当金で月5万円稼ぐためには、750万円~7,500万円程度の資産があれば達成可能です。

月5万円を稼ぐというと年間60万円(5万円×12か月)ですから、税引前で年間で752,965円(60万円÷(1-0.20315))の配当金収入が必要です。

そして、株の配当金生活は可能?いくら必要?高配当株の利回りは?税理士が解説で解説している通り、高配当株の中には10%の配当金を出すものもあります。

752,965円÷10%であれば、月5万円の配当金は最低約753万円で達成できます

配当金で月5万円を稼ぐのにどれだけリスクをとるか

月5万円の配当金は最低約753万円で達成できると説明しましたが、利回り10%というのは結構リスクが高い資産運用方法です。

そのため、配当金利回りに応じ、いくら資金が必要かを以下の表に示しましたので参考にしてください。

配当金利回り 月5万円稼ぐのに必要な資金(※)
1% 75,296,500円
2% 37,648,250円
3% 25,098,833円
4% 18,824,125円
5% 15,059,300円
6% 12,549,416円
7% 10,756,642円
8% 9,412,062円
9% 8,366,277円
10% 7,529,650円

※752,965円÷配当金利回りで計算

一般的な利回り3%で計算した場合は約2,510万円で月5万円の配当金を稼ぐことができます。また、高配当株で利回り5%の場合は1,506万円あれば月5万円の配当金を稼ぐことができます。

月5万円の配当金は毎月入ってくるわけではない

配当金は毎月5万円、決まった時期に入ってくるものではありません。

賞与(ボーナス)のように、配当金は基本的に、年1回か2回、まとめて受け取るからです。

そのため、配当金で毎月の固定費を5万円分穴埋めしようとすると、家計のやり繰りがひっぱくする可能性があるので注意してください。

 

配当金で月5万円稼ぐか、株価の値上がりを狙うか

高配当株というのは、配当金として会社の利益を分配しているため、基本的に株価が横ばいか漸減するケースが多いです。

そのため、株価の値上がりを見込むことが難しいです。

配当利回りが1%や無配を貫いている成長株への投資であれば、配当金で月5万円を稼ぐのは難しくなりますが、長期的に見て配当金以上の株価の値上がり益を得ることができるケースも多いです(必ずしもそうなるわけではありませんが)。

配当金(インカムゲイン)を狙うか、株価の値上がり益(キャピタルゲイン)を狙うかはその人の方針次第ですが、配当金に固執するあまり、お金が増えない、お金が減っていく状態になっていないかは、年に1回は確認しておくことをお勧めします。

 

なお、株式投資を始めるなら、手数料が格安のDMM 株が良いでしょう。

【比較】証券会社のおすすめはどこ?口座開設の流れなど税理士が解説」で、おすすめの証券会社など複数社比較しています。

月に5万円のお小遣いが増えれば、豪華な食事や服を買ったり、生活の質を一段階上げられます。


今すぐ口座開設して月5万円の配当金をゲット!

税理士 / 坂根 崇真

【肩書】 税理士、㈳全国第三者承継推進協会 理事、その他 ㈱ 代表取締役 【著書】 相続実務のツボとコツがゼッタイにわかる本 【メディア実績】 Yahoo!ニュース、livedoor ニュース、Smart News、幻冬舎GOLD ONLINE ほか 【プライベート】 プライベートでは株や社債をはじめ、太陽光発電設備を2基など保有する個人投資家

-株式・ETF

© 2021 資産運用 税理士メディア