株式・ETF

VYMの配当金はいつ、いくらもらえる?高配当ETFによる資産運用

悩んでいる方
高配当株で生活したいなあ。VYMって人気だけどどうなのかな?

この記事では、投資家かつ税理士の坂根がVYMについて解説します。

  • VYMとは?
  • VYMの配当金利回りは?
  • VYMの配当金はいつ、いくらもらえる?
  • VYMの買い方 など

お金が増えない!?資産運用のご相談はこちらをクリック!

 

VYMとは?

VYMとは、世界三大運用会社のVanguard(バンガード)が運用するETFです。

正式名称「Vanguard High Dividend Yield ETF」(バンガード米国高配当株式ETF)の略であり、高配当のETFとして、米国株投資界隈で根強い人気を誇ります。

ETFとは上場投資信託のことであり、簡単に言えば、株式市場に出回っている投資信託ということです。

 

VYMの配当金利回り、いつ、いくらもらえる?

VYMは高配当ETFとして人気があります。

ここでは、次の4点について解説します。

  • VYMの配当金利回りは?
  • VYMの配当金はいつもらえる?
  • VYMの配当金はいくらもらえる?
  • VYMの配当金はなぜ高い?

VYMの配当金利回りは?

VYMの配当金利回りは、2021年6月現在、3%程度(直近配当利回りは2.43%)です。

過去10年ほど、年間配当利回りは3%程度で推移していますが、配当優先株式をメインに組み入れるPFFの配当金利回りが5%台程度であることを考えると少し物足りなく感じる方もいるかもしれません(PFFについては、「米国ETFのおすすめ銘柄など資産運用に強い税理士が解説」でご紹介しています)。

ただ、「株の配当金生活は可能?いくら必要?高配当株の利回りは?税理士が解説」で解説している通り、配当金は多ければ多いほど良いというわけではありませんので、どちらが良いかは好みによります。

 

VYMの配当金はいつもらえる?

VYMの配当金の権利確定日は3月・6月・9月・12月の年4回です。

つまり、3か月に1回配当金をもらうことができます。

DMM 株など、開設している証券口座にお金が振り込まれます。

 

VYMの配当金はいくらもらえる?

年間利回り3%とすると、税引き後で1回あたり、投資額×0.6%程度の配当金を受け取れるということです。

※配当金利回り3%÷4回×税引後0.79685=0.6%

簡単にまとめると次の通りです。

投資額 1回あたりの配当金 1年間でもらえる配当金
100万円 6,000円 24,000円
1,000万円 60,000円 240,000円
1億円 600,000円 2,400,000円

100万円であれば3か月に1回6,000円、1年間で24,000円の配当金をもらえます。

1億円なら3か月に1回60万円、1年間で240万円の配当金をもらえます。

株の配当金生活は可能?いくら必要?高配当株の利回りは?税理士が解説」で解説している通り、1億円の投資で年間240万円の配当金を受け取ることができるなら、配当金だけで質素な生活は可能です。

VYMの配当金はなぜ高い?組入銘柄は?

VYMは高配当株に投資する投資信託です。そのため、多くの配当金を受け取ることができます。

上位の組入銘柄と、それらの配当金利回りは次の通りです。

組入銘柄 配当金利回り(おおよそ)
JPM:JPMorgan Chase & Co. 2.16%
JNJ:Johnson & Johnson 2.52%
HD:Home Depot Inc. 2.12%
PG:Procter & Gamble Co. 2.56%
BAC:Bank of America Corp. 1.66%
CMCSA:Comcast Corp. 1.75%
XOM:Exxon Mobil Corp. 5.66%
VZ:Verizon Communications Inc. 4.38%
INTC:Intel Corp. 2.42%
T:AT&T Inc. 7.11%

※2021年6月時点

金融系や健康医療関連、生活必需品関連の銘柄が多く組み入れられています。

案外、配当金利回りが低い銘柄も組み入れられていますが、XOMやTなど、高配当銘柄もしっかり組み入れられていることがわかります。

 

VYMの買い方、購入方法は?

VYMは、DMM 株SBI証券などのネット証券で口座を開設すれば簡単に買うことができます。

正直、ネット通販できる人ならだれでも買えます。

【比較】証券会社のおすすめはどこ?口座開設の流れなど税理士が解説」で口座開設方法をわかりやすく解説していますので、こちらの記事もあわせてご覧ください。

【比較】証券会社のおすすめはどこ?口座開設の流れなど税理士が解説

 

税理士がやさしく資産運用のご相談にのります

弊社では資産運用のご相談を承ります。銀行や不動産会社にだまされて大きく損をする方はよくいます。

絶対に損したくない方や、資産を増やしたいとお考えの方は、税理士がやさしく資産運用のご相談にのりますので、ぜひ今すぐ以下のリンクをクリックしてお問い合わせください。

>>資産運用のご相談ページ(こちらをクリック)

税理士 / 坂根 崇真

【肩書】 税理士、㈳全国第三者承継推進協会 理事、その他 ㈱ 代表取締役 【著書】 相続実務のツボとコツがゼッタイにわかる本 【メディア実績】 Yahoo!ニュース、livedoor ニュース、Smart News、幻冬舎GOLD ONLINE ほか 【プライベート】 プライベートでは株や社債をはじめ、太陽光発電設備を2基など保有する個人投資家

-株式・ETF

© 2021 資産運用 税理士メディア