株式・ETF

【利回り10%】XOM(エクソンモービル)で配当金生活

2022年7月7日

悩んでいる人
XOM(エクソンモービル)は配当利回り10%と聞いたので、簡単に配当金生活をおくれそうですね。

2020年は配当利回りが10%程ありましたが、株価が2倍以上に高騰したため2022年現在は4%ぐらいに落ちていますね。ただし、それでも高利回りには変わりないため高配当株として人気の銘柄です。

この記事では、投資家税理士 坂根が解説します。

ポイント

  • XOMの2022年における配当利回りは約4%
  • 配当金は年4回振り込まれる(3月、6月、9月、12月)
  • 2020年の配当利回りは約10%
  • 現状の配当金額は安定しているが、配当性向が高い
  • ESG投資や今後の石油需要の減少に伴う暴落リスクあり
  • 配当金目的で分散投資したいならVYMSPYDといったETFを活用
  • XOMは元本割れリスクがあるため、原則元本割れしない年利1-3%の利息が手に入るFundsの選択肢もアリ

関連記事:【年利3%】安定利息収入Fundsの評判は?税理士が解説

\3,000円分のAmazonギフト券がもらえる/

12月14日までに累計30万円以上の投資を行った方全員に、Amazonギフト券 3,000円分がもれなくもらえるキャンペーン!

XOMの配当金

XOMの配当金は1回あたり概ね100円で、これを年4回で計400円程もらうことができます。

XOMの2010年からの配当金推移は次の通りです。

配当金支払日 配当利回り 配当金額(USD) 配当金額(円)
2010年3月10日 2.59% 0.42 USD 56円
2010年6月10日 2.61% 0.44 USD 59円
2010年9月10日 2.78% 0.44 USD 59円
2010年12月10日 2.47% 0.44 USD 59円
2011年3月10日 2.10% 0.44 USD 59円
2011年6月10日 2.15% 0.47 USD 63円
2011年9月9日 2.54% 0.47 USD 63円
2011年12月9日 2.33% 0.47 USD 63円
2012年3月9日 2.18% 0.47 USD 63円
2012年6月11日 2.38% 0.57 USD 76円
2012年9月10日 2.36% 0.57 USD 76円
2012年12月10日 2.38% 0.57 USD 76円
2013年3月11日 2.54% 0.57 USD 76円
2013年6月10日 2.55% 0.63 USD 85円
2013年9月10日 2.61% 0.63 USD 85円
2013年12月10日 2.64% 0.63 USD 85円
2014年3月10日 2.81% 0.63 USD 85円
2014年6月10日 2.52% 0.69 USD 93円
2014年9月10日 2.65% 0.69 USD 93円
2014年12月10日 2.80% 0.69 USD 93円
2015年3月10日 2.99% 0.69 USD 93円
2015年6月10日 3.15% 0.73 USD 98円
2015年9月10日 3.61% 0.73 USD 98円
2015年12月10日 3.41% 0.73 USD 98円
2016年3月10日 3.60% 0.73 USD 98円
2016年6月10日 3.33% 0.75 USD 101円
2016年9月9日 3.38% 0.75 USD 101円
2016年12月9日 3.51% 0.75 USD 101円
2017年3月10日 3.62% 0.75 USD 101円
2017年6月9日 3.74% 0.77 USD 103円
2017年9月11日 3.84% 0.77 USD 103円
2017年12月11日 3.67% 0.77 USD 103円
2018年3月9日 4.05% 0.77 USD 103円
2018年6月11日 4.01% 0.82 USD 110円
2018年9月10日 4.08% 0.82 USD 110円
2018年12月10日 4.01% 0.82 USD 110円
2019年3月11日 4.39% 0.82 USD 110円
2019年6月10日 4.53% 0.87 USD 117円
2019年9月10日 4.91% 0.87 USD 117円
2019年12月10日 4.77% 0.87 USD 117円
2020年3月10日 5.66% 0.87 USD 117円
2020年6月10日 7.61% 0.87 USD 117円
2020年9月10日 7.74% 0.87 USD 117円
2020年12月10日 9.42% 0.87 USD 117円
2021年3月10日 6.68% 0.87 USD 117円
2021年6月10日 5.74% 0.87 USD 117円
2021年9月10日 5.96% 0.87 USD 117円
2021年12月10日 5.30% 0.88 USD 118円
2022年3月10日 4.39% 0.88 USD 118円
2022年6月10日 4.06% 0.88 USD 118円

※1ドル135円で計算

2020年はコロナショックで株価が暴落し、配当利回りが10%近くまで高騰しました。

2022年現在は、コロナ前と同じく配当利回りは4%程度で推移しています(2022年7月現在、XOM1株が約11,200円(83.28 USD×135円)のため、割り戻すと3.6%)。

4%というと、めちゃくちゃ高くはありませんが十分に高配当と言える水準です。

もちろん、XOM単体(個別株)だと暴落リスクが怖いですし、4%の配当利回りであれば高配当ETFであるVYMSPYDでも同程度の配当利回りを得られます。

そのため、配当金目的で暴落リスクを避けたいのであれば分散投資できるETFを選んだ方が良いでしょう。

関連記事:VYMの配当金はいつ、いくらもらえる?高配当ETFによる資産運用

配当性向が高すぎる

XOMは配当性向が高いことが知られています。

配当性向というのは、利益のうちどれだけを配当に回したかと言う話です。

2016年、2019年には配当性向が100%を超え、利益以上の配当金を出しています。

配当金の原資は会社の利益ですから、利益が出ないのに配当金を出し続けていれば会社のお金が無くなり、株価の暴落や減配、無配につながります。

配当金は高ければ高い程良いわけではありませんので、高配当株の利回りばかり見ない方が良いでしょう。

関連記事:憧れの配当金生活にはいくら必要?現実的には1億円

XOM(エクソンモービル)の株価推移

XOM(エクソンモービル)の株価

画像:XOM(エクソンモービル)の株価推移(2022年7月までの5年推移)

XOMは2020年のコロナショックで株価が半減しました。

しかし、その後2021年頃から上昇し、2022年7月現在では1株83ドルと、コロナ以前よりも高い水準になっています。

基本的には黒字決算を続けている優良企業ですが、2020年には営業赤字となっています。

2021年以降は持ち返していますが、今後の石油需要等によって赤字が続くことになった場合には減配リスクもあるため注視したいところですね。

XOMはどんな会社?

XOM(エクソンモービル)は、アメリカテキサス州に本社を置く石油メジャーの最大手企業です。

石油価格の需給バランスによって大きく業績が変わる可能性がありますので、自然エネルギーがより進歩する等、今後石油需要が大きく減ることがあれば業績悪化につながりそうです。

社名 Exxon Mobil Corporation(エクソンモービル)
本社 アメリカ(テキサス州)
ティッカー XOM
設立日 1999年11月30日
従業員数 約80,000人
セクター エネルギー
時価総額 3,686億ドル
直近配当利回り 約4%
株価(2022年7月) 83.28ドル
市場名 NYSE(ニューヨーク証券取引所)

※執筆時点筆者調べ

XOMの買い方

XOMはネット証券で簡単に買うことができます。

これから口座開設される方は米国株の買い付け手数料が格安SBI証券が良いでしょう。

わたしもSBI証券をメインにしていますが、アプリで簡単に売買でき、使いやすいです。

下記の記事で証券口座の開設方法をわかりやすく解説していますので、XOMを買いたい方はこちらの記事をご覧ください。

関連記事:【比較】証券会社のおすすめはどこ?口座開設の流れを解説

\手数料が業界最安レベル!/

国内株式個人取引シェアNo.1!はじめての口座開設ならSBI証券。

ネットでかんたん、5分で口座開設。

XOMの配当金のかわりにFundsもアリ

XOMは当然ですが元本割れリスクがあるため、原則元本割れしない、債券や年利1-3%の利息が手に入るFundsの選択肢もアリでしょう。

上場企業等の手堅い投資先にお金を貸し、年利1-3%の利息を得ることができます。

XOMの配当利回りと比べればもちろん少ないですが、元本割れリスクを減らして配当収入を増やしたい方にとっては、選択肢の一つとして検討しても良いでしょう。

関連記事:【年利3%】安定利息収入Fundsの評判は?税理士が解説

\3,000円分のAmazonギフト券がもらえる/

12月14日までに累計30万円以上の投資を行った方全員に、Amazonギフト券 3,000円分がもれなくもらえるキャンペーン!

資産運用相談

資産運用では「どういう目的で資産運用をするのか」が一番重要です。

人によって正解は違うため、背景や家族構成、財産状況などを伺いながらご相談にのっています。

そして、銀行や不動産会社にだまされて大きく損をする方はよくいます。

絶対に損したくない方や資産を増やしたいとお考えの方は、ぜひ今すぐ以下のリンクをクリックしてお問い合わせください。

外資系証券会社で預入資産額2億円以上の方のみを担当してきた独立系ファイナンシャルアドバイザーが、口座開設から株式の売買までサポートいたします!

>>資産運用相談

投資家税理士 / 坂根 崇真

【肩書】 新宿税理士事務所 代表税理士 【セミナー実績】 初心者向け!資産形成手法と税金セミナー(略)(主催:サンワード貿易株式会社) など 【著書】 相続実務のツボとコツがゼッタイにわかる本 (出版社:秀和システム) 【メディア実績】 Yahoo!ニュース、livedoor ニュース、Smart News、幻冬舎GOLD ONLINE ほか 【プライベート】 株や社債をはじめ、太陽光発電設備を2基など保有する個人投資家

検索

カテゴリー

よく読まれている記事

【年利3%】安定利息収入Fundsの評判は?税理士が解説

上場企業等にお金を貸し、年利1~3%の利息を得るFunds。投資元本が値動きしないため、ほったらかしでOK。低リスクで堅実に資産運用。

【初心者向け】S&P500の買い方を投資家税理士が解説

初心者向け、S&P500に投資したい方必見。「どうやったら買えるの?どこで口座開設したらいいの?」を解決します。

【利回り10%】COZUCHI(コヅチ)不動産の評判は?

平均利回り10%。過去の元本割れや配当遅延なし、不動産投資のCOZUCHI。

-株式・ETF