不動産など

【利回り10%】COZUCHI(コヅチ)不動産の評判は?

2022年9月11日

悩んでいる人
COZUCHI(コヅチ)は1万円から利回りの高い不動産投資ができると聞いたのですが、実際の評判はどうなのでしょうか?

  COZUCHI(コヅチ)は2022年9月現在、元本割れや配当遅延が一度もなく、利回りも10%以上確保できると評判が高い、初心者に人気の不動産クラウドファンディングサービスです。

  COZUCHIは、たったの1万円から投資を始めることができます。

一般的な不動産投資と異なりローンを組む必要がないため、不動産投資に不安をもつ方でも低リスクで手軽に始めることが可能です。

本記事のポイント

  • 元本割れが起きていないため、実際に投資している人の評判は良い
  • 想定利回りより高い配当金をもらえることもある
  • 平均利回り10%以上と高水準

\今なら最大300,000円のAmazonギフト券がもらえる/

9月30日までに、投資家登録をして10万円以上の投資をすると最低1,000円、最大300,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。まずは無料で登録。

COZUCHI の公式サイトを見る

COZUCHI(コヅチ)の不動産投資の評判

  COZUCHIは2022年9月現在、一度も元本割れや支払い遅延を起こしていないため、特に悪い口コミは見つかりませんでした。

ここでは、Twitter等で  COZUCHIの良い口コミと気になった口コミをまとめてご紹介します。

良い口コミまとめ

  COZUCHIに対する良い口コミをまとめると、次のコメントが目立ちます。

ポイント

  • 運用が手軽にできて良い
  • リターンがかなり高く、想定利回りを超える配当がもらえた
  • スマホで簡単に投資ができるので楽
  • きちんと説明がされているのが良い
  • 投資経験ゼロでもできる

高い利回りはもちろん、運用の手軽さ、使いやすさなど、投資初心者に優しい点が評価されています。

運用が手軽にできて良い

リターンがかなり高く、想定利回りを超える配当がもらえた

スマホで簡単に投資ができるので楽

きちんと説明がされているのが良い

投資経験ゼロでもできる

COZUCHIの気になる口コミまとめ

  COZUCHIに対する気になる口コミをまとめました。

2022年9月現在、元本割れや支払い遅延が一度も無いため、特に悪い口コミは見つかりませんでした。

しかし、仕方がないことではありますが、人気急上昇中のため「案件数が少ない」「抽選に当たらず投資できない」という声はありました。

案件数が少ない

抽選に当たらない

案件ごとに送金先が異なる

口座を開設しても人気が殺到してなかなか投資できない方もいるようですが、後払いOKのため、いつでも始められるようにまずは口座を開設しておきましょう。

\今なら最大300,000円のAmazonギフト券がもらえる/

9月30日までに、投資家登録をして10万円以上の投資をすると最低1,000円、最大300,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。まずは無料で登録。

COZUCHI の公式サイトを見る

COZUCHI(コヅチ)はどんなサービス?

  COZUCHIは不動産投資型のクラウドファンディングであり、平均利回りは驚異の10%以上です。

2021年に実施された満足度調査では、不動産投資クラウドファンディングの中でNo.1に選ばれているほど人気を集めています

サービス名 COZUCHI (コヅチ)
運営会社 LAETOL株式会社
最低投資額 1万円
ファンド数 53件(2022年9月現在)
サービス開始時期  2019年~
2021年8月より、WARASHIBEからCOZUCHIへリニューアル。
サービス内容 アパート・マンション、商業施設、オフィスを投資対象とする不動産クラウドファンディング
コンセプト 想いと豊かさを循環させる不動産投資

COZUCHIの仕組み

  COZUCHIはクラウドファンディングを利用したサービスであり、投資の流れは次の通りです。

  1. 一般の投資家(私たち)から資金を集める
  2. 運営会社(運用のプロ)が不動産を賃貸、取得する
  3. 得た賃貸料や不動産売買で利益をあげる
  4. 分配金として投資家に利益を再配分する

図で表すと次のイメージです。

COZUCHI(コヅチ)の仕組み

不動産は1棟買うだけでものすごいお金がかかりますが、  COZUCHIではお金をみんなで出しあう仕組みのため、少額から投資が可能というわけです。

運用はプロに一任できるため、投資後はほったらかしでOK。分配されるのを待つだけです。

たとえば、  COZUCHIで100万円を年利6%で運用した場合、12ヶ月で60,000円の分配金を元本(100万円)とは別に受け取れます。

以下の図は定期預金運用との比較ですが、定期預金はいまや金利がまったくつかない時代ですので、リスクをとってでも高いリターンを手に入れたい方から人気を集めています。

COZUCHI(コヅチ)の資産運用シミュレーション

実際の案件例

  COZUCHIは2022年9月現在までで、50種類以上の案件がありました。

過去にどのような案件があったか、いくつか簡単にご紹介します。

エリア 想定利回り(年利) 運用期間 募集金額
代々木公園事業用地 10% 12ヶ月 36億円
自由が丘一棟ビル 5% 18ヶ月 12億円
田端エリア 12% 3ヶ月 1億3,230万円
五反田 9% 6ヶ月 1億7,000万円

代々木公園事業用地

COZUCHI(コヅチ)の投資先:代々木公園事業用地

代々木公園駅から徒歩1分に所在する全体約517坪の土地の所有権および底地権と、一体開発された建物の一部所有権が投資対象です。

代々木公園エリアは洗練と利便性を兼ね備えた街として、一度は住んでみたい憧れの街と称されることもあります。

都心のメインエリアに非常にアクセスの良い場所です。

想定利回り(年利) 10.00%
運用期間 12ヶ月
募集総金額 36億円
収益タイプ キャピタルゲイン

自由が丘一棟ビル

COZUCHI(コヅチ)の投資先:自由が丘一棟ビル

東急東横線 自由が丘駅から徒歩5分にある土地および建物一棟の所有権を投資対象としています。

インカムゲインを得ながら、リーシングまたはリースアップにてバリューアップを行うことで、収益物件としての売却も見込めます。

想定利回り(年利) 5.00%
運用期間 18ヶ月
募集総金額 12億円
収益タイプ インカムゲイン

画像に記載のある「特別優先権」とは、希望するファンドへ優先的に出資申し込みできる権利です。頻度はかなり低いですが、特定の条件を満たした方に配布されます。

田端エリア

COZUCHI(コヅチ)の投資先:田端エリア

JR山手線「田端」駅徒歩8分にある土地約200坪および建物を投資対象としており、売却によるキャピタルゲインを主に分配する方針のファンドです。

こちらは既に運用が終了しており、想定12%のところ、15.2%という実績でした

想定利回り(年利) 12.00%
運用期間 3ヶ月
募集総金額 1億3230万円
収益タイプ キャピタルゲイン

五反田

COZUCHI(コヅチ)の投資先:五反田

想定利回り(年利) 9.00%
運用期間 6ヶ月
募集総金額 1億7,000万円
収益タイプ キャピタルゲイン 6.5%
インカムゲイン 2.5%

JR山手線「五反田」駅徒歩6分にあり、リノベーションによりバリューアップしたオフィスビルが投資対象です。

既に運用が終了していますが、想定利回り9%のところ63.1%と、なんと7倍の投資成果を上げました。

  COZUCHIは、このように大きな成果を上げているファンドも多数あります。

募集は基本「抽選」のため、投資したい案件に絶対に投資できるわけではありませんが、1か月に1~3件ほど募集がかかっています。

直近の新着案件は下記の公式サイトを参考にしてください。

\今なら最大300,000円のAmazonギフト券がもらえる/

9月30日までに、投資家登録をして10万円以上の投資をすると最低1,000円、最大300,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。登録は無料です!

COZUCHI の公式サイトを見る

COZUCHIのデメリット4選

悩んでいる人
COZUCHIで投資をしたいのですが、デメリットは無いのでしょうか?

もちろん、メリットばかりではなく、次のデメリットもあります。

  • 運営企業が上場はしていない
  • 元本の保証はない
  • 人気があるため、なかなか投資できないことがある
  • 運用期間が短い

運営企業が上場はしていない

  COZUCHIの運営元であるLAETOLI株式会社は、上場企業ではありません。

また、不動産の仕入れ・運営元であるTRAID株式会社も同様です。

上場企業でない場合、財務情報の開示義務がないため経営状態の把握がむずかしいです。

しかし、たとえば全国展開している「アパホテル」のアパグループ株式会社、大手コンサルティング会社の「マッキンゼー」など、規模が大きかったり知名度があっても上場していない会社はいくらでもあります。

万が一倒産した場合は資金が返ってこない可能性もありますが、  COZUCHIの運営元であるLAETOLI株式会社は資本金が1億円ある(上場企業並み)きちんとした会社です。

元本の保証がない

  COZUCHIは元本毀損がないことを売りにしていますが、実績としてないだけで、絶対の保証はされていません(「出資法」により、保証行為は禁止されています)。

つまり、元本が戻ってこない可能性や想定利回り通りに運用されない可能性ももちろんあります。

とはいえ、どの投資商品においても元本保証は基本的にありません。株式投資、投資信託、現物の不動産投資、外貨預金、外国国債など、どれも元本保証なんてありません。

リスクを取るからこそ高い利回りが期待できるのです。

ただ、  COZUCHIでは優先劣後構造(後述)を採用し、投資家保護が行われているため、比較的低リスクでの投資が可能となっています。

人気があるため、なかなか投資できないことがある

  COZUCHIでは「抽選方式」と「先着方式」、2つの方法が採用されています。

  COZUCHIは人気が高まってきていることもあり、応募率が1000%を超える案件(倍率10倍)もいくつかあるのが現状です。

そのため、必ずしも投資したい商品に投資できるわけではない、というデメリットがあります。

「先着方式で頑張って張り付いていれば良いのでは?」と思うかもしれませんが、過去53件の募集(2022年9月まで)の内、先着方式は6件のみでした。

基本的に抽選方式がメインであり、「人気がありすぎるため絶対に投資できるわけでは無い」というのがデメリットと言えばデメリットとなっています。

運用期間が短い

  COZUCHIの運用期間は、3か月や12か月など期間が短いものが多いです。

そのため、運用が終わったら再投資が必要になるという手間はあります。ただし、期間が短いからこそ貸し倒れリスクが低くなっています。

 

以上が、  COZUCHIで不動産投資を行う際のデメリットです。

2022年9月現在、元本毀損が一度もなく、かつ、10%以上の高い利回りを出しているため、高利回りを狙いたい方にとっては魅力的な投資先となるでしょう。

\今なら最大300,000円のAmazonギフト券がもらえる/

9月30日までに、投資家登録をして10万円以上の投資をすると最低1,000円、最大300,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。まずは無料で登録。

COZUCHI の公式サイトを見る

COZUCHIのメリット7選

悩んでいる人
COZUCHIのメリット、人気のポイントを改めて教えてください!

  COZUCHIのメリットを整理すると、大きく5つ挙げられます。

  • 不動産投資初心者に優しい
  • 優先劣後方式を採用
  • 元本割れや配当遅延が一度もなく安全性が高い
  • 上限なしの配当ポリシーを持っている
  • 利回りが高い

不動産投資初心者に優しい

  COZUCHIは、とにかく初心者に優しい仕組みが整っています。

  • 最短15分で投資家登録ができる
  • 最低1万円から投資できる
  • 管理を行う必要がない
  • 分かりやすいシミュレーションがある
  • 途中で辞められる

最短15分で投資家登録ができる

  COZUCHIの登録はスマホ一つで完結、たったの15分程度で登録できます。

後払いOKのため、まずは口座開設を行っておき、実際に案件に投資できるようになるまでお金を預けておく必要がありません。

最低1万円から投資できる

一般的な不動産投資であれば、ワンルームマンション投資でも2,000万円程度は必要です。

  COZUCHIのクラウドファンディング投資であれば、1口1万円から投資を行うことができるので、初心者の方でも非常に始めやすいです。

管理を行う必要がない

管理は全てプロである事業者が行うため、不動産投資で面倒な管理の必要がありません。

現物の不動産であれば掃除や入居者募集、入金管理、出金管理など管理が大変です。

一方で、  COZUCHIの不動産投資であれば、一度投資したら運用終了するまで待つだけで大丈夫です。

分かりやすいシミュレーションがある

「いくら利回りが出るのかイメージできない」という方のために、  COZUCHIの各プロジェクトページ内に分配想定金額と源泉所得税を自動で計算してくれるシミュレーション機能があります。

  COZUCHIで運用した場合と、銀行に預けた場合、それぞれのシチュエーションの金額をシミュレーションしてくれます。

たとえば投資元金が15万円で利回り7%の広尾一棟ビルに投資した場合は次のシミュレーション結果となります。

COZUCHI(コヅチ)の投資シミュレーション

元金たったの15万円で1年後に税引き後8,356円は大きいですね。

途中で辞められる

急遽お金が必要になった場合、「もう投資を辞めたい」と思った場合、  COZUCHIであれば途中解約ができます。

普通、不動産は売ろうと思ってもすぐに売れるものではありませんのでこれは大きいです。

この場合、手数料が3%~5.5%かかりますが、通常この手のサービスでは途中解約ができません。

これは、確かに利益を出せると自信を持っている  COZUCHIの大きな強みと言えます。

優先劣後方式を採用

  COZUCHIでは優先劣後方式(ゆうせんれつごほうしき)を採用しており、これは投資家の安全性を向上させる仕組みです。

次の画像をご覧ください。

COZUCHI(コヅチ)の優先劣後方式の説明

  • 優先劣後出資者が運営企業(=COZUCHI)
  • 優先出資者が投資家(あなた)

もし物件価格が下落した場合でも劣後出資分がまずは毀損され、劣後出資分以上の下落になると優先出資分(投資家出資)が毀損される仕組みです。つまり、個人投資家が損するケースというのは、COZUCHIの運営元自身も損するときとなっています。

なので、自分たちが損しないように頑張って稼いできていただけるわけですね。

なお、2022年9月時点で償還実績(運用期間後に投資家が受け取る資金)は100%であり、この仕組みにより、投資家が出資した元本が守られやすくなっています。

損失を100%カバーしてくれるわけではありませんが、このようなリスク軽減策が設けられているのが  COZUCHIで投資するメリットです。

元本割れや配当遅延が一度もない

  COZUCHIの既に運用が終了している実績の一部をいくつかご紹介します。

案件名 収益モデル 想定利回り
(年利)
実績利回り
(年利)
運用期間
学芸大学エリア キャピタル 12% 24.5% 3カ月
銀座のメタボリズム名建築Ⅱ キャピタル 10% 11.5% 3カ月
銀座のメタボリズム名建築 キャピタル 10% 10.5% 6ヶ月
港区六本木エリア キャピタル 10% 10% 6ヶ月
神泉エリア キャピタル 5.5% 13% 6ヶ月
下赤塚エリア インカム 6% 14.5% 36カ月
中央八丁堀エリア キャピタル 6% 11.9% 12ヶ月
港区六本木エリア
都心一等地
キャピタル 20% 36.3% 3ヶ月
湘南平塚エリア キャピタル 10% 11% 6ヶ月
目白エリア インカム 4.5% 20.2% 12ヶ月
港区六本木エリア
都心一等地
キャピタル 20% 36.3% 3ヶ月
江東区東陽町エリア インカム 4.5% 7.5% 6ヶ月
伊東エリア キャピタル 8% 8.6% 12ヶ月

※インカム=賃料収入、キャピタル=売却益

他の実績を見たい方は下記のボタンから  COZUCHIの公式サイトを確認しましょう。

なお、2022年9月現在、いままで想定利回りを下回ったことは無いようです。

あくまで過去の実績のため、今後の利回りを保証するものではありませんが、  COZUCHIでは厳選された不動産投資が行われており、比較的安心して始められます。

\今なら最大300,000円のAmazonギフト券がもらえる/

9月30日までに、投資家登録をして10万円以上の投資をすると最低1,000円、最大300,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。まずは無料で登録。

COZUCHI の公式サイトを見る

上限なしの配当ポリシーを持っている

  COZUCHIではリターンに上限がないため高い利回りが期待できます。

他社の同様のサービスでは、キャピタルゲイン(不動産の売却益)の配当利回りに上限が設定されるのが一般的です。

COZUCHI(コヅチ)の上限なしの配当ポリシー

しかし、  COZUCHIではリターンに上限がないため、想定より多く利益が出ることがあります。

利回りが高い

  COZUCHIは、他社の同様のサービスと比べても利回り水準が高いです。

  COZUCHIの過去の実績を見ると年利3~12%程度と、高配当株や社債と比べても高い利回りが実現されています。

実績ベースではありますが、過去の案件を見ると、12%以上の利回りとなっているものもいくつか見受けられます。

なお、代表取締役の武藤氏によると、次の物件を安く仕入れているようです。

  • J-REITや個人の不動産投資家が買いにくい中規模の物件
  • 上記の中でも、投資層が少ない物件

このような物件選定方法をとっているため、元本割れリスクを低く抑え、高利回りを実現できているようです。

COZUCHIが「怪しい」と言われる理由

悩んでいる人
COZUCHIは怪しくないでしょうか?

結論から言うと、COZUCHIは怪しくは無いと考えます。

確かに、  COZUCHIで検索しても「COZUCHI 怪しい」と候補が出てきます。

COZUCHIのGoogle検索

それでは、なぜ「怪しい」と言われるのでしょうか?それは、高い利回りが要因です。

  COZUCHIでは、10%以上の利回りが出ると言われています。

不動産クラウドファンディングの利回りの平均は4%ほどです。他社サービスと比較してみると、「何か怪しい仕組みでもあるのでは?」と考えるのが普通です。

ただし、これまでの実績を見てみると  COZUCHIでは、2022年9月までに54件の運用を終了させており、運用総額120億円を元本割れすることなく、運用しています。

  COZUCHIの運営元は設立が1999年と、20年以上も経営を続けており、社外取締役として弁護士や監査役もついています。

他の例でいえば、上場企業のメルカリで設立が2013年、サイバーエージェントの設立が1998年です。これらを考えれば、  COZUCHIはぽっと出で詐欺をする会社ではなく、特に怪しくは無いと考えられます。

\今なら最大300,000円のAmazonギフト券がもらえる/

9月30日までに、投資家登録をして10万円以上の投資をすると最低1,000円、最大300,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。まずは無料で登録。

COZUCHI の公式サイトを見る

COZUCHIと他のクラウドファンディングを比較

  COZUCHIと他社の不動産クラウドファンディングを比較すると次の通りです。

総案件数 最低投資金額 期待利回り 途中解約 累計調達金額
CREAL(クリアル)
65 1万円 3~8% 不可 150億円
2022年4月までの実績
COZUCHI(コヅチ) 54 1万円 3~20%
実績10%
可能 120億円
2022年6月までの実績
ちょこっと不動産 18 1万円 4.5~7% 可能 約2億7,562万円

※各社公式サイトを参考に作成
※2022年9月現在の情報を掲載しています

実績を見ると、やはり  COZUCHIは他社と比べても高い利回りを誇ります。

「申し込みが殺到してなかなか投資できない」という声はありますが、案件数を見ても他社と比べて申し分なく、最初に始めるなら  COZUCHIが検討対象にあがります。

\今なら最大300,000円のAmazonギフト券がもらえる/

9月30日までに、投資家登録をして10万円以上の投資をすると最低1,000円、最大300,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。まずは無料で登録。

COZUCHI の公式サイトを見る

COZUCHIがおすすめな方

悩んでいる人
COZUCHIはどんな人におすすめでしょうか?

  COZUCHIは、次のような方におすすめの不動産クラウドファンディングです。

  • 不動産投資初心者の方
  • 不動産投資を少額で始めてみたいと考えている方
  • できるだけ低いリスクで投資をしたいと考えている方

不動産投資に興味あるけどなかなか一歩を踏み出せない...

絶対の元本保証はもちろんありませんが、利回りや実績を考えれば十分検討対象にあがります。リスクを多少とってでも利益を得られる投資をしたい初心者におすすめできるサービスです。

\今なら最大300,000円のAmazonギフト券がもらえる/

9月30日までに、投資家登録をして10万円以上の投資をすると最低1,000円、最大300,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。まずは無料で登録。

COZUCHI の公式サイトを見る

COZUCHIで不動産投資をする際のコツ

  COZUCHI不動産投資を始める前に知っておきたいことをご紹介します。

可能であればキャンペーン期間に始める

  COZUCHIでは、Amazonギフト券配布などのキャンペーンを定期的に行っています。

下記のページで最新のキャンペーン情報をチェックして、お得に始めましょう。

\今なら最大300,000円のAmazonギフト券がもらえる/

9月30日までに、投資家登録をして10万円以上の投資をすると最低1,000円、最大300,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。まずは無料で登録。

COZUCHI の公式サイトを見る

LINEを追加する

  COZUCHIで口座開設したあとはLINE公式アカウントに登録しておきましょう。

友達登録しておくと、最新のファンドの情報を入手できます。

募集がかかった際に、見逃さずに応募することができます。

COZUCHIの始め方【画像つきで解説】

  COZUCHIの登録から投資までの手順は、以下の5ステップです。

  1. 会員登録
  2. 投資家登録
  3. 本人確認
  4. 登録審査結果を受け取る
  5. ログインして投資開始

このように、ネットでかんたんに登録できます。

次に、画像つきで解説していきます。

1. 会員登録

まず以下のリンクから  COZUCHI公式サイトへ移動し、会員登録を進めていきます。

COZUCHI公式サイトへ移動する

<必要事項>

  • 電話番号
  • メールアドレス
  • パスワード

上記3つの項目を入力し、SMSコードの認証を行います。

COZUCHI(コヅチ)の会員登録完了

2. 投資家登録

指示に従い、投資家登録(基本情報の入力)を進めていきます。

名前や取引口座の情報の入力をします。

COZUCHI(コヅチ)の投資家登録(必要事項の入力)

COZUCHI(コヅチ)の投資家登録(取引口座情報)

3. 本人確認

次に、本人確認を行います。

実際の写真を撮影する必要があるため、スマホ、またはカメラ付きのPCを用意しておきましょう。

なお、以下の本人確認書類のうちいずれか1つが必要です。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード) おもて面
  • パスポート(旅券)(写真貼付面、所持人記載面)
    ※2020年2月4日以降に発給申請されたパスポート(いわゆる「2020年旅券」)につきましては、現住所等を記載することができる所持人記入欄が削除されているため、本人確認書類としてご使用いただけません。
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)
  • 在留カード
  • 運転経歴証明書
  • 特別永住者証明書

画面の指示に従い個人情報の提出を進めていきます。

COZUCHI(コヅチ)の本人確認完了

あとは登録審査結果を待つだけです。

4. 登録審査結果を受け取る

審査の結果は人によって到着日が異なりますが、2日~7日みておきましょう。

選考に通過すると、プロジェクトへ投資を開始できます。

5. ログインして投資開始

最初に登録したアドレスとパスワードを入力し、ログインをします。

その後、「募集中」となっているファンドに申し込みをしましょう。

基本的に抽選方式で決められます。

当選し、出資が確定した後に入金をして運用開始です。

開催中のCOZUCHIのキャンペーン

COZUCHI(コヅチ)のAmazonギフト券キャンペーン

2022年9月現在、  COZUCHIではAmazonギフトキャンペーンを実施しています。

キャンペーン概要 10万円以上の投資で投資額の1%相当のAmazonギフト券を配布
適用条件 会員申し込み後投資家登録をした方
投資家登録から150日以内に10万円以上の投資をした方
キャンペーン期間 9月1日~9月30日
注意事項 登録後初めての投資のみ適用
最大30万円まで(3,000万の投資まで適用)

10万円投資しただけでも、1,000円のギフト券がもらえます。

このようなキャンペーンは定期的に実施されています。

最新のキャンペーンが気になる方は下記の公式サイトを確認してください。

\今なら最大300,000円のAmazonギフト券がもらえる/

9月30日までに、投資家登録をして10万円以上の投資をすると最低1,000円、最大300,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。まずは無料で登録。

COZUCHI の公式サイトを見る

【Q&A】COZUCHIのよくある質問

  COZUCHI利用者のよくある質問にお答えします。

COZUCHIと他の不動産投資会社の違いは?

次の3つが大きく異なります。

  1. 1口1万円から投資できる
  2. 途中解約が可能
  3. 案件数が豊富

ソーシャルレンディングとは違うの?

ソーシャルレンディングとは投資先が異なります。

  • ソーシャルレンディング:企業にお金を貸す
  • クラウドファンディング:不動産を取得する

ポンジスキームではない?

ポンジスキームでは無いと考えられます。運用会社は架空ではなく、きちんと運用実態があり、詐欺と言われる仕組みではありません。

ポンジスキームとは、「出資を募り、運用益を配当金として支払う」と言って資金を集め、実際の運用はなく、新しい出資者からの出資金を配当金として支払いながら、破綻することを前提にお金を騙し取る手法

かんたんに退会できる?

COZUCHIを退会したい場合は、「リクエストを送信」から運営事務局へ連絡してください。

本当に元本割れしない?

COZUCHIが提供する不動産クラウドファンディングには元本保証がないため、元本割れする可能性はあります。ただ、実績を見ると元本割れをしたことはないため、比較的低リスクです。

分配金はいつ支払われる?

原則、各プロジェクトの運用期間の末日から30日以内に支払われます。詳しい支払日は、運用終了時のメールに記載されています。

分配金に税金はかかる?

分配時に20.42%(所得税20%、復興特別所得税0.42%)の源泉徴収が行われます。

アプリで投資できる?

COZUCHI はアプリで投資できます。他にも、ファンドの詳細や最新のニュースをチェックすることが可能です。iPhoneとアンドロイド、両方に対応しています。

COZUCHIは投資初心者でも始めやすい

ここまでの内容をまとめます。

まとめ

COZUCHI(コヅチ)は、平均利回り10%以上の高い水準を誇る不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

良い口コミ

  • 運用が手軽にできて良い
  • リターンが高く、想定利回りを超える配当が得られる
  • スマホで簡単に投資できるのが嬉しい
  • きちんと説明がされているのが良い
  • 投資経験ゼロでもできる

気になる口コミ

  • 案件が多くはない
  • 人気があり、抽選に当たらないので投資できないこともある

デメリット

  • 運営企業が上場はしていない
  • 元本の保証はない(ただし投資家保護が行われている)

メリット

  • 不動産投資初心者に優しい
  • 優先劣後方式を採用
  • 元本割れや配当遅延が一度もなく安全性が高い
  • 上限なしの配当ポリシー
  • 利回りが高い

COZUCHIがおすすめな方

  • 不動産投資初心者の方
  • 不動産投資を少額で始めてみたいと考えている方
  • できるだけ低いリスクで投資をしたいと考えている方

  COZUCHIはたったの1万円から投資できるため、不動産投資初心者の方でも始めやすいです。

運用の手間もかからず、投資したらほったらかしでOK、手軽に不動産投資を始めたい方はぜひ  COZUCHIを始めてみてください。

\今なら最大300,000円のAmazonギフト券がもらえる/

9月30日までに、投資家登録をして10万円以上の投資をすると最低1,000円、最大300,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。まずは無料で登録。

COZUCHI の公式サイトを見る

投資家税理士 / 坂根 崇真

【肩書】 新宿税理士事務所 代表税理士 【セミナー実績】 初心者向け!資産形成手法と税金セミナー(略)(主催:サンワード貿易株式会社) など 【著書】 相続実務のツボとコツがゼッタイにわかる本 (出版社:秀和システム) 【メディア実績】 Yahoo!ニュース、livedoor ニュース、Smart News、幻冬舎GOLD ONLINE ほか 【プライベート】 株や社債をはじめ、太陽光発電設備を2基など保有する個人投資家

検索

カテゴリー

よく読まれている記事

【年利3%】安定利息収入Fundsの評判は?税理士が解説

上場企業等にお金を貸し、年利1~3%の利息を得るFunds。投資元本が値動きしないため、ほったらかしでOK。低リスクで堅実に資産運用。

【初心者向け】S&P500の買い方を投資家税理士が解説

初心者向け、S&P500に投資したい方必見。「どうやったら買えるの?どこで口座開設したらいいの?」を解決します。

【利回り10%】COZUCHI(コヅチ)不動産の評判は?

平均利回り10%。過去の元本割れや配当遅延なし、不動産投資のCOZUCHI。

-不動産など