株式・ETF

トヨタ自動車の配当金利回りは何%?いつ、いくらもらえる?

悩んでいる人
日本が誇るトヨタ自動車に投資しようかな。配当金ってどのぐらいもらえるの?

トヨタ自動車の配当金利回りは、ここ7年ほど3%前後で推移しており、高配当です。

この記事では、投資家かつ税理士の坂根が解説します。

ポイント

  • トヨタ自動車の配当金は年2回、9/30(中間配当)と3/31(期末配当)を基準日として受け取れる
  • 中間配当、期末配当あわせて1株当たり年240円の配当金(2021年3月期実績)
  • 配当金利回りは約3%、東証1部上場銘柄の平均利回りの1.7倍と高配当
  • 配当性向は約40%と、余力あり
  • トヨタ自動車の株はネット証券のDMM 株などで買うことができる

【比較】証券会社のおすすめはどこ?口座開設の流れなど税理士が解説」で口座開設方法を解説していますので、こちらの記事もご覧ください。

【比較】証券会社のおすすめはどこ?口座開設の流れなど税理士が解説

 

トヨタ自動車の配当金はいくら?

トヨタ自動車の配当金は、1年に2回受け取ることができます。

中間配当(9月30日)と期末配当(3/31)の2回です。

受け取れる配当金は毎年の利益状況等によって異なりますが、2021年3月期では中間配当が105円、期末配当が135円の計240円でした。

トヨタ自動車の配当金推移

トヨタ自動車の配当金推移は次の通りです。

第113期 第114期 第115期 第116期 第117期
事業年度 2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期 2020年3月期 2021年3月期
普通株の配当金 210円 220円 220円 220円 240円
(うち中間配当金) 100円 100円 100円 100円 105円
配当性向 41.4% 35% 33.5% 43.6% 41.2%

表:トヨタ自動車 2021年3月期の有価証券報告書を基に作成

2021年3月期は1株当たり240円の配当金であり、2017年3月期の210円、2018年3月期~2020年3月期の220円と比べて増配していることがわかります。

 

トヨタ自動車の配当金利回りは高い?

トヨタ自動車の配当金利回りは3%程度と、高いです

東証1部のすべての銘柄の平均利回りは1.77%(日本経済新聞社より)ですので、東証1部上場銘柄の平均配当利回りの1.7倍です。

事業年度 2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期 2020年3月期 2021年3月期
普通株の配当金 210円 220円 220円 220円 240円
株価(終値) 6,042円 6,825円 6,487円 6,501円 8,616円
配当金利回り 3.48% 3.22% 3.39% 3.38% 2.79%

表:配当金利回りは、その期の配当金合計÷期末の株価の終値によって算定しています。

2021年3月期の配当金利回りはそれ以前の期と比べて低くなっていますが、これは、株価が大きく伸びたことによるものです。

2020年3月期末日は株価が6,501円でしたが、2021年3月期末日の株価は8,616円と、1.3倍になっています。

そのため、株価から見た配当金利回りは下がってしまっていますが、株価の伸びによる売却益を考えれば、より大きな利益を出せたことがわかります。

 

トヨタ自動車の配当金利回りは高すぎる?

トヨタ自動車の配当金利回りは高いですが、高すぎるというほどではありません。

上述した通り、トヨタ自動車の配当金利回りは3%程度と、東証1部上場銘柄の平均配当利回りの1.7倍です。

しかし、2021年3月期の配当性向は41.2%であり、また、トヨタ自動車の方針として配当性向30%を目指しているため、まだまだ余力があります。

配当性向というのは、「利益のうち、どれだけ配当金に回したか」という割合です。

この割合は、高すぎても低すぎてもよくありませんが、日本の企業の配当性向は30%程度と言われているため、平均より少し高い程度です。

一部の高配当銘柄(JTなど)では、配当金性向が80%、90%と異常に高いですが、身の丈に合わない配当金を出し続けると会社にお金が残らないため、会社経営が傾いてしまいます。

その結果、長期的に配当金をもらうことができず、減配(配当金が減ること)や株価の暴落につながることもあります。しかし、トヨタ自動車の配当性向は40%ですので、まだまだ余力があると言えます。

 

トヨタ自動車の株はネット証券のDMM 株などで買うことができます。「【比較】証券会社のおすすめはどこ?口座開設の流れなど税理士が解説」で、口座開設方法を解説していますので、こちらの記事もご覧ください。

【比較】証券会社のおすすめはどこ?口座開設の流れなど税理士が解説

 

トヨタ自動車の株はいくらから買える?

トヨタ自動車の株は、100万円ほどあれば購入可能です。

日本の株には「単元株」という制度があり、1株から購入することはできません。

単元株というのは一定以上の株式数からしか購入することができないという制度であり、かつては1,000株以上からしか購入できない等の制限がありました。

いまは100株からに統一されていますので、「1株あたりの株価×100株+証券会社の購入手数料」で購入することができます。

画像:トヨタ自動車の株価推移

2021年6月28日現在では、トヨタ自動車の株価は1株あたり9,842円です。

つまり、9,842円×100株+購入手数料(約100万円)で購入することができます。

100株購入した場合、毎年配当金が24,000円(240円×100株)入ってくる計算です。

ちなみに、DMM 株で購入するのであれば手数料が非常に安いです。

余談ですが、わたしは産まれが愛知県豊田市産ですので、トヨタ自動車を応援したい気持ちがあります。ぜひ、トヨタ自動車の株を買って応援してくださいね。

【比較】証券会社のおすすめはどこ?口座開設の流れなど税理士が解説

 

税理士がやさしく資産運用のご相談にのります

弊社では資産運用のご相談を承ります。銀行や不動産会社にだまされて大きく損をする方はよくいます。

絶対に損したくない方や、資産を増やしたいとお考えの方は、税理士がやさしく資産運用のご相談にのりますので、ぜひ今すぐ以下のリンクをクリックしてお問い合わせください。

>>資産運用のご相談ページ(こちらをクリック)

税理士 / 坂根 崇真

【肩書】 税理士、㈳全国第三者承継推進協会 理事、その他 ㈱ 代表取締役 【著書】 相続実務のツボとコツがゼッタイにわかる本 (出版社:秀和システム) 【メディア実績】 Yahoo!ニュース、livedoor ニュース、Smart News、幻冬舎GOLD ONLINE ほか 【プライベート】 株や社債をはじめ、太陽光発電設備を2基など保有する個人投資家

-株式・ETF