株式・ETF

【初心者向け】S&P500の買い方を資産運用に強い税理士が解説

2021年6月13日

悩んでいる人
S&P500って、どこで買えるの?

ポイント

  • S&P500に連動する銘柄(ETF)は「VOO(Vanguard 500 Index Fund ETF)」などがある
  • VOOはネット証券であるDMM 株SBI証券なら購入手数料無料で購入することができる(おすすめは購入手数料だけでなく売却手数料も無料のDMM 株)
  • S&P500が最強の投資方法とは限らない。過去の歴史を見てもチャートが横ばいの時期はある

\まずは無料で口座開設/

DMM株の口座開設はこちらをクリック!

S&P500の買い方

結論としては、DMM 株SBI証券(金融商品仲介業者ネクシィーズ・トレード)で口座開設し、「VOO」や「1655」を買うことで、S&P500への投資を行うことができます。

これから始める方におすすめするのは、米国株や米国ETFの売買手数料が無料のDMM 株です。まずは口座開設から始めましょう。

【比較】証券会社のおすすめはどこ?口座開設の流れなど税理士が解説

 

S&P500はどこで買えるの?

「S&P500」そのものは買えません。

なぜなら、S&P500という株は存在しないからです。

S&P500は、AppleやFacebookなど、アメリカに上場している代表的な500社の株価を基に、時価総額を加重平均して算出された数値です(日経平均株価みたいなものです)。

そのため、500社の株を買うか、S&P500の指数と同じような値動きをする「投資信託」、「ETF」を買うことで、S&P500指数と同じような投資を行うことができます

500社の株を買うことは現実的ではありませんので、個人投資家は投資信託もしくはETFが選択肢にあがります。

 

S&P500連動銘柄の投資信託

S&P500連動銘柄の投資信託はいくつかありますが、代表的なものを2つご紹介します。

  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  • SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド

どちらも非常に人気です。SBI証券(金融商品仲介業者ネクシィーズ・トレード)などで口座開設し、購入することができます。

投資信託は、あくまでも株を代わりに買ってくれるだけですので、S&P500指数と全く同じ値動きをするわけではありません。

そのため、価格の推移はそれぞれ異なりますが、正直そんなに違いはありません。

 

【比較】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)とSBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドの違いは?

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)とSBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドの違いは次の通りです。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500) SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド
純資産額(2021年6月12日時点) 4,630億円 2,230億円
投資先 米国株式 米国ETF(VOO)
手数料率 年0.165%+手数料実費+監査報酬等 年0.0938%+手数料実費+監査報酬等

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の方が、純資産額が倍近く多く、人気を集めています。

手数料だけ見るとSBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドに軍配が上がりますが、その差は0.07%ですので、正直大差はありません。

一番の違いは投資先です。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は米国株式を直接買い付けているのに対し、SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドは何と、米国ETFであるVOOを買っているだけです。

手を抜きすぎですね・・・

VOOはDMM 株などで、だれでも簡単に買うことができます。

100万円投資すれば、毎年1,000円近い手数料をSBIに払うことになります。

自身でDMM 株などに口座開設し、VOOを買う方が良いでしょう。

【比較】証券会社のおすすめはどこ?口座開設の流れなど税理士が解説

なお、証券口座開設後の具体的な購入方法は「【初心者向け株入門】株の買い方、売り方を資産運用に強い税理士が解説」で解説しています。

 

S&P500連動銘柄のETF

S&P500連動のETFは、以下の4種類が代表的です。

ETFとは、上場投資信託のことです。つまり、証券会社で購入することができます。

代表的なS&P500連動のETF

  • VOO
    (Vanguard 500 Index Fund ETF)
  • IVV
    (iShares Core S&P 500 ETF)
  • SPY
    (SPDR S&P500 ETF)
  • 1655
    (BRJ iShares S&P 500 ETF) ※東証上場

上の3つは米国ETFでアメリカの市場に上場しています。それぞれ運用している会社が異なります。

ただ、アメリカの市場に上場しているといっても、DMM 株など日本の証券会社で買うことができます。

一番下の1655は、東証に上場しています。1655の投資先は米国ETFであるIVVですが、円建てで取引できるところにメリットがあります。

なお、SPYは機関投資家向けのため、取引高が多いというメリットがある一方で、若干経費率が高いです。

そのため、SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドの投資先となっているVOO、もしくは1655の投資先となっているIVVのどちらかで良いでしょう。

VOOもIVVもS&P500指数に連動することを目的としていますので、そんなに違いはありません。

 

(参考)S&P500の3倍レバレッジETF「SPXL」

S&P500指数に3倍のレバレッジをかけたETFで「SPXL(Direxion Daily S&P 500 Bull 3X Shares)」というものがあります。

2008年11月7日が3.85USD、2021年6月25日に105.43USDですから、13年間で27倍です。

もしS&P500市場に全力投資するなら選択肢の一つとしてはアリかもしれません。

ただし、経費率が0.95%と低くはない点と、コロナショックでは価格が4分の1にまで大暴落しています。また、S&P500指数の値動きに対し、きっちり3倍になっているわけではないので注意が必要です。

ハイリスク投資ですね。

もしSPXLを購入する場合には、売買手数料が無料のDMM 株で取引するのが良いでしょう(SBI証券だと売買金額×0.495%の手数料がかかります)。

 

S&P500指数のETFを買うなら結局どれがいいの?

S&P500指数のETFを買いたい場合はVOOもしくはIVVが良いでしょう。

正直どちらでも変わらないと思いますが、わたしもNISAの余りの枠で購入したVOOを2口だけ保有しています。

なお、VOOなどを購入するのは米ドル建てですが、もし円建てで取引したいのであれば東証に上場されている国内ETFの「1655」が選択肢にあがります。

VOOをDMM 株で買う場合は取引手数料が無料です。以下の記事で口座開設方法を解説していますのでご覧ください。

【比較】証券会社のおすすめはどこ?口座開設の流れなど税理士が解説

 

騙される前に、資産運用のご相談にのります

「どういう目的で資産運用をするのか」、これが一番重要です。

人によって正解は違うため、普段はその人その人の背景や家族構成、財産状況などを伺いながらご相談にのっています。

銀行や不動産会社にだまされて大きく損をする方はよくいます。

大切な資産を守りたい、増やしたいとお考えの方は、資産運用のご相談を承りますので、ぜひこちらからお気軽にお問い合わせください


>>資産運用のご相談はこちらをクリック!
毎月先着10名様限定です!お急ぎください!

税理士 / 坂根 崇真

【肩書】 税理士、㈳全国第三者承継推進協会 理事、その他 ㈱ 代表取締役 【著書】 相続実務のツボとコツがゼッタイにわかる本 (出版社:秀和システム) 【メディア実績】 Yahoo!ニュース、livedoor ニュース、Smart News、幻冬舎GOLD ONLINE ほか 【プライベート】 株や社債をはじめ、太陽光発電設備を2基など保有する個人投資家

-株式・ETF