株式・ETF

【比較】証券会社のおすすめはどこ?口座開設の流れなど税理士が解説

2021年4月3日

悩んでいる方
「株や社債を買いたいけど、どこで証券口座を開設したら良いのかわからない。」
「どこで証券口座を開設しても同じ?」

この記事では、投資家かつ税理士の坂根が、どこの証券会社を選んだらよいか、次の疑問について解説します。

  • 秒速で、今すぐ証券口座を開設しないと損する理由
  • 証券会社の比較!おすすめの証券会社はどこ?
  • 証券口座の開設手順

はじめての株式投資で失敗しないために、ぜひ最後までご覧ください。

 

証券会社のおすすめは?

まだ証券口座を開設していない投資初心者の方はDMM 株で口座開設することをおすすめします。

手数料が格安であり、アプリも使い勝手が良いと評判です。

DMM株の口座開設はこちらをクリック!

 

秒速で、今すぐ証券口座を開設しないと損する理由

給料の大半は預金しているから老後も安心!

本当にそうでしょうか。

目標インフレ率2%!預金だと目減りしていく

日銀によると、日本の目標インフレ率は2%とされています。

つまり、いま1台100万円の車が来年には102万円、10年後には122万円なければ買えなくなってしまうということです(年2%の複利計算)。

今100万円あれば車を買うことができますが、もし100万円を定期預金に預けた場合、10年後に100万円を引き出しても300円しか利息が付きません。

つまり、10年後には今の100万円では車を買うことができなくなります。

普通預金や定期預金は安心安全ではなく、「目減りしていく資産」です

「預金だけ」というのも、それはそれでリスクがあります。

 

世界経済の成長率はインフレ率を上回る(資産が増える)

世界経済は毎年3%~5%程度成長しており、一般的に株価の伸びもそのぐらいです。

投資先の企業が儲けを出し、成長すれば、それは通常株価に反映されるからです。

基本的に世界経済が成長すれば株価は伸びていきますので、粗く言えば、株をもっていればインフレ率を超えて資産が増えていく可能性があります。

投資先が1社だけだと怖いのであれば、10社100社と分散するか、ETFなど、数千社に分散してくれるものを選べば良いのです。

20年で株価が2,000倍になったAmazonなど、10万円が2億円というのは流石にむずかしいですが、年間3%~5%ぐらいの成長であれば現実的な数値です。

預金だけだと目減りする可能性がありますが、株を保有していれば資産が増える可能性があります。

今後も世界経済が成長していくのであれば、それに伴い株価も伸びていくでしょう。

 

収入源のリスク分散になる

株式投資をはじめ、「投資先の企業が倒産したらどうするんだ!」そう思う人もいるかもしれません。

言いたいことはわかります。

ただ、見方を変えるとこういった反論ができます。

「いまの勤務先の収入に頼り切りという状況の方が怖くありませんか?」

ニュースを見ればわかる通り、JALなど大企業だって何社も破綻していますし、破綻せずとも数万人規模でリストラしています(たとえばみずほグループは2026年までに1万9,000人のリストラを計画しています)。

潰れない会社はありませんし、会社がつぶれなくても給料が一律カットになる可能性、リストラにあう可能性はゼロではありません。

株式投資を行えば、収入源を複数に分散することができます。

DMM株の口座開設はこちらをクリック!

証券口会社の比較!おすすめはどこ?

証券口座を開設する前に、どこの証券会社で口座開設すれば良いのか比較してみましょう。

証券会社の種類は主に3つ

証券会社は、主に次の3種類にわかれます。

  1. 対面型の証券会社(日系)
  2. 対面型の証券会社(プライベートバンク)
  3. ネット証券

このうち、どれが良いかは人によって異なります。資産規模やどのような運用方法をとりたいかによって変わるからです。

ただ、多くの方はDMM 株などのネット証券が良いでしょう。手数料が安いからです。

証券会社の比較

上記で説明した証券会社を比較すると、手数料や運用資産規模は概ね次の通りです。

証券会社 手数料 運用資産規模
日系証券(野村証券、みずほ証券など) 普通~高い 特になし(目安5,000万円以上)
プライベートバンク(UBS証券など) 普通~高い 2億円以上
ネット証券(SBI証券DMM 株など) 安い 特になし

少額の運用であればネット証券で、大きな額を運用するのであれば対面の証券会社もアリということです。

それぞれ説明していきます。

日系証券(野村証券、みずほ証券など)

日系の対面型証券は、ネットバンクと比べると取り扱い銘柄が多いです。

そのため、社債や日本のIPO銘柄の購入をしたい場合は、日系証券の口座を開設しておくのはアリと言えます。

ただし、ネットバンクと比べると手数料が高く、また、日系の対面型証券でしか買えない銘柄も少なくなってきているため、個人的にはおすすめしません。

 

プライベートバンク(UBS証券など)

UBS証券などのプライベートバンクでは、上場している銘柄であれば、世界中、ありとあらゆる銘柄を買うことができます。

ただし、口座開設基準が非常に厳しいです。UBS証券であれば、口座開設のために預入額が最低2億円必要です(ベストは5億円以上)。

この手の口座を開設することで得られるメリットは、株を担保に融資を受けられることや、富裕層のみのイベント等に参加できるため、より良い情報を手に入れられる可能性があることが挙げられます。

また、株を担保に金利1%未満の融資を受けて1%以上の運用利回りをあげていくなど、お金持ちがさらにお金持ちになっていく仕組みが整っていることもあります。

もちろん、一言で「プライベートバンク」と言っても、名ばかりの証券会社や担当者次第な面もあるため、見極めできなければこの選択肢はナシです。

また、2億円以上など口座開設基準を満たせなければ選択肢にすらあがりません。

そのため、多くの方は次にすすめるネット証券が良いでしょう。

 

ネット証券(SBI証券、DMM 株など)

ネット証券では、パソコンやスマホから株式の売買を行うことができます。

また、口座開設無料のため、誰でも気軽にはじめられます。

対面型の証券会社と異なり、担当者がつかないことがデメリットです。

ただし、資産額がそんなになければ担当者が付く必要はありませんので、デメリットと言えるほどのデメリットはありません。

ネット証券であっても、国内の上場株はすべて対応、外国の株式であっても主要なところはすべて買うことができます。

しかも、ネット証券は手数料が対面の証券会社と比べて格安です(1取引あたり数十円~)。

全く同じ株を買うのであれば、手数料は安い方がお得ですよね?

そのため、多くの方はDMM 株などのネット証券で口座開設することをおすすめします。

DMM株の口座開設はこちらをクリック!

おすすめの証券会社はどこ?

証券会社の特徴をご紹介します。

証券会社 手数料 その他特徴
日系証券 高い
  1. IPO銘柄や債券の取り扱い銘柄が多い
  2. 担当者から、手数料が高い投資信託を勧められる可能性がある
  3. 口座開設に審査あり
プライベートバンク 高い
  1. 国内の証券会社で取り扱っていない銘柄など、何でも手に入る
  2. 口座開設のハードルが高い
  3. 株を担保に融資を受けられる等、サービスが充実している
SBI証券
(金融商品仲介業者ネクシィーズ・トレード)
低い
  1. アプリが使いやすい
  2. だれでも口座開設できる
  3. 債券も少しだけ取り扱いあり
DMM 株 低い
  1. アプリが使いやすい
  2. だれでも口座開設できる
  3. 手数料が業界最安水準

投資初心者であれば、口座開設が無料で気軽に始められるSBI証券DMM 株のどちらかを選ぶと良いでしょう。

わたしはアプリが使いやすいSBI証券をメインに使っていますが、もし今から口座開設をするのであれば、手数料がより安いDMM 株をお勧めします

後ほど手数料の比較をしていますが、DMM 株の手数料は驚くほど安いです。

 

証券口座の開設手順

証券口座とは、証券会社で開設できる預金口座のようなものです。

銀行の預金口座はお金を預けるための口座ですが、証券会社にも同様に、お金を預けるための口座があります。

この証券口座に預けたお金を基に株の売買を行うため、まずは証券口座を開設しましょう。

DMM株の口座開設手順

DMM 株で口座開設をする場合の手順を解説します。基本的には画面に従って入力していけば大丈夫なので、心配する必要はありません。

①まずはDMM 株の口座開設ページにアクセスします(こちらをクリック)

DMM株の口座開設はこちらをクリック!

②次に、口座開設(無料)はこちらをクリックします。

③証券会社と締結する契約書に問題が無いか確認をし、チェックを行います。

④名前などの個人情報を入力します。

⑤職業の入力や年収などの入力を行います。どれだけ投資に充てられるかの確認です。概算数値で良いでしょう。

⑥投資目的を入力します。ただのアンケートなので、中長期運用などにチェックを入れておけば良いでしょう。

⑦上記の画面の通り、特定口座を開設する(源泉徴収あり)、配当金の受取方法「株式数比例配分受取方式」に必ずチェックを入れましょう。

これにチェックを入れておけば、この口座でいくら株の利益がでても、株の売却益や配当金について確定申告を行う必要はありません(確定申告した方がお得なケースはありますが)。

⑧信用口座の申し込みは「今はしない」にチェックを入れましょう。

信用口座で取引する場合、大損したときに株で借金を背負うパターンになってしまう可能性もありますので、健全な方はチェックを入れない方が良いでしょう。

NISA(年間投資額120万円まで非課税で取引できる証券口座)の申し込みは1人1口座までです。

口座開設しても構いませんが、SBI証券DMM 株など、どこか1つでしか開設できませんので、もし口座開設が初めてであれば、今はまだ開設しなくても良いと思います。

⑨入力した内容を確認し、問題なければ申し込みましょう。

⑩運転免許証など、本人確認書類を求められます。スマホで撮影した写真でもOkです。

⑪本人確認のため、運転免許証と住民票の写しやマイナンバーカードあたりを撮影します。

このように、とても簡単に口座開設を行うことができます。

DMM 株ではこのような流れですが、SBI証券など他の証券会社でも基本的に手続きは同じです。

DMM株の口座開設はこちらをクリック!

 

口座開設にあたって、よくある質問

証券口座の維持手数料は?

証券口座の維持手数料は、SBI証券DMM 株など、ほとんどの証券会社は無料です。

そのため、手数料がかかるのは株式の売買を行ったタイミングのみとなります。

口座開設しておいて損することは一切ありません。

 

株式の売買にかかる手数料はいくら?

DMM 株における売買手数料を記載します。

1.国内株の場合

国内株の売買手数料は次の通りです。

1約定ごとの手数料(国内株式現物)

約定代金 手数料
~5万円以下 50円
(税込55円)
~10万円以下 80円
(税込88円)
~20万円以下 97円
(税込106円)
~50万円以下 180円
(税込198円)
~100万円以下 340円
(税込374円)
~150万円以下 400円
(税込440円)
~300万円以下 600円
(税込660円)
300万円超 800円
(税込880円)

引用:DMM株ホームページ
URL:https://kabu.dmm.com/commission/

5万円分の株を買った場合は55円の手数料、1,000万円分の株を買っても880円しか手数料がかかりません。

めちゃくちゃ安いです。

2.米国株の場合

DMM 株の場合、米国株の場合は取引手数料が無料になっています(日本円→米ドルに変換する際の為替手数料はかかりますが、売買手数料は無料です)。

 

DMM株の手数料は激安です

正直、DMM 株の取引手数料はめちゃくちゃ安いです。

たとえば野村證券では国内株の取引で最低2,860円、100万円規模の取引で1万円、3,000万円規模の取引で20万円近い手数料がかかります。

これがDMM 株SBI証券であれば、数百円~1,000円程度です(DMM株の方が若干安いです)。

 

DMM株とSBI証券、どちらが手数料が安い?

DMM 株の方が手数料は安いです。

確かに、ネット証券のSBI証券も次の通り手数料は安いです。ただ、上記で紹介したように、DMM 株の方が若干手数料が安いです。

SBI証券の国内株の売買手数料

約定代金 SBI証券
スタンダードプラン
5万円まで 55 
10万円まで 99 
20万円まで 115 
50万円まで 275 
100万円まで 535 
150万円まで 640 
3,000万円
まで
1,013 
3,000万円
以上
1,070 

一部引用:SBI証券 ホームページ

DMM 株SBI証券も気にするほどの金額差ではありませんが、取引回数、取引金額が大きくなるほど手数料の差は大きくなります。

1取引あたり100万円の場合、1取引あたり161円の手数料差です。年間5回購入と売却をするのであれば1,610円、30年続ければ5万円近くの差になります。

そのため、たくさん取引したい方はDMM 株の方がお得に取引できるでしょう。

口座開設しておくだけなら無料であり、年間維持費もかかりません。そして、取引を行う場合であっても数十円~数百円しか手数料がかかりません。

ただし、取引をしたいと思ったときに口座が無ければ波に乗ることができません。

まずは口座開設をし、金融緩和が来たときに、いつでも取引を始められるようにしておきましょう。

DMM株の口座開設はこちらをクリック!

DMM 株の無料口座開設はこちらをクリック

手数料が業界最安でお得です!

株はギャンブル?借金を背負う?

よく誤解されていますが、株はギャンブルではありませんし、どんなに失敗したところで借金を背負うことにはなりません。

黒字で清算した会社は、残余財産を株主に分配することになっています。また、会社に利益がたまればそれを配当金として株主に渡すこともできますから、会社が成長すればそれに伴い株の価値は高まります。

単純なマネーゲームやギャンブルではありません。

また、1万円の投資をして、最悪会社がつぶれたとしてもゼロ円になって終わりです。

信用取引(※)をすれば別ですが、DMM 株SBI証券でふつうに口座開設し、現物取引する分には借金を背負うことにはなりません。

※信用取引は、簡単に言えば借金して巨額の株取引を行うことです。

 

実際どのぐらいの利益が出るの?

画像:坂根のNISA口座の利益状況(2020年時点)

全部はお見せできませんが、年間120万円まで非課税で運用できるNISA口座の情報だけ、当サイト限定で特別に公開します。

3年間で70万円(+20%)の利益が出ています。数年で5倍10倍になるというわけではありませんが、少なくとも、現金で手元に置いておくよりは良い成果が出ています。

高配当株による配当金の利回りはだいたい3%~5%ぐらいですし、ETFによる5年トータルリターンも15%~20%ぐらいのものが多いです(つまり1年あたり3%~4%ほど)。

この成績も特別良いわけではなく、このぐらいの利回りであれば、誰もが目指せる現実的な数値です。

まずは少額からでも、はじめてみると良いでしょう。

DMM株の口座開設はこちらをクリック!

DMM 株の口コミ

DMM 株の口コミをTwitterから集めてみました。

手数料が安いだけじゃなくて、使いやすさもSBI証券より良いようです。これから口座開設されるのであれば、DMM 株が良いでしょう。

DMM株の口座開設はこちらをクリック!

貧乏人にならないために、今すぐ口座開設しておきましょう

もし株を購入し、年間の運用利回りが3%であれば今の100万円は1年後の103万円、10年後の134万円(毎年3%の複利計算)です

これが定期預金であれば金利はたったの年0.005%しかありません。

これは、日本の目標インフレ率が2%であることを考えると、預金でお金を持っていると価値が目減りし、損することを表しています

株式投資における最大の損失額は投資した金額までのため、どんなに失敗してもゼロ円になるだけで借金を負うことにはなりません。

一方で、増えるときは青天井です。Amazonなどの超優良株は、上場してから500倍もの株価になっています。

もちろん、リスクを背負わなければ株式投資なんてできません。リスクを背負いたくないなら銀行預金で十分です。

ただ、言い方は悪いですが、それでは貧乏人確定です。利息は付きませんし、インフレで資産が目減りしていきます。

株式投資は1万円程度の少額からでも始めることができるため、まずは口座開設をしておくと、今より生活が楽になるかもしれません。

DMM株の口座開設はこちらをクリック!

DMM 株の無料口座開設はこちらをクリック!
手数料が業界最安でお得です!

税理士 / 坂根 崇真

【肩書】 税理士、㈳全国第三者承継推進協会 理事、その他 ㈱ 代表取締役 【著書】 相続実務のツボとコツがゼッタイにわかる本 【メディア実績】 Yahoo!ニュース、livedoor ニュース、Smart News、幻冬舎GOLD ONLINE ほか 【プライベート】 プライベートでは株や社債をはじめ、太陽光発電設備を2基など保有する個人投資家

-株式・ETF

© 2021 資産運用 税理士メディア