その他の資産運用

月1万円の不労所得を稼ぐ簡単な方法を資産運用に強い税理士が解説

悩んでいる方
月1万円の不労所得が欲しいけど、簡単なのかな?

1万円あれば、美味しいレストランで食事ができますし、素敵な服を購入することもできます。

そして、月1万円の不労所得であれば、だれでも簡単に到達できます。

この記事では、投資家かつ税理士の坂根が解説します。

 

月1万円の不労所得は簡単?

月1万円の不労所得を得るのは簡単です。

1年間にすれば12万円と大きく見えるかもしれませんが、1日あたりになおせば、たったの333円です(1か月30日計算の場合)。

1日333円なら簡単に思えてきませんか?

 

月1万円の不労所得を得る簡単な方法は?

月1万円の不労所得を得る簡単な方法は、あなた自身にいくらお金があるかによって異なります。

代表的な不労所得の方法を3つご紹介しますが、正直、月1万円であればどの方法でも簡単に到達できる水準です。

  • 債券投資
  • 株式投資
  • アフィリエイト

債券投資

債券投資で月1万円の不労所得を稼ぐのは簡単です。

債券投資というのは、国債や社債など、国や会社が発行する「借金」に対する投資、つまり、国や会社にお金を貸して利息収入を得る方法です。

この方法によれば、おおよそ300万円~1,500万円のお金があれば到達できます。

月1万円を年間になおすと12万円、税引き前になおすと150,592円(※)の利息収入が必要です。

※12万円÷(100%-20.315%)

150,592円の利息を得るためには、利回りに応じた次のお金が必要です。

利回り 必要なお金
1% 15,59,200円
2% 7,529,600円
3% 5,019,733円
4% 3,764,800円
5% 3,011,840円

※150,592円÷利回り(%)で計算

利息の割合は発行する会社の格付けなどによって異なりますが、一般的に、潰れにくい信用度の高い会社であれば利回りは低くなり、潰れる可能性があったり、信用度の低い会社などは利回りが高くなっていきます。

債券投資について詳しくは「外国債券や国内債券のメリット・デメリット、利回りなど税理士が解説」でご紹介していますので、こちらの記事をご覧ください。

債券は、SBI証券でも若干取り扱いがあります。証券会社の比較は「【比較】証券会社のおすすめはどこ?口座開設の流れなど税理士が解説」で行っていますので、債券投資を始める際はこちらの記事もあわせてご覧ください。

 

株式投資

株式投資においても、月1万円の不労所得であればある程度容易に到達することが可能です。

株価は、会社の成長によって伸びていきますので、世界経済の成長率である3%~5%が一つの目安となります。

そのため、債券投資と同様に、300万円~1,500万円程度あれば月1万円の不労所得は到達できるでしょう。

配当金狙いか売却益狙いかによって投資スタイルが変わりますが、月1万円の不労所得を得たいというのであれば高配当株狙いが良いでしょう。

株の配当金生活は可能?いくら必要?高配当株の利回りは?税理士が解説」で具体的な銘柄などをご紹介していますので、参考にしてみてください。

 

債券投資と株式投資の比較

債券投資と株式投資の特徴を比較すると次の通りです。

特徴 債券投資 株式投資
値動きするか 毎日変動する(ただし、満期が到来した場合はは決まった金額で元本が返済されるため、満期まで保有するのであれば価格変動しない) 毎日変動する
元本割れリスク 普通(満期まで保有するなら元本割れしないが、外貨建てなら為替レートによる元本割れの可能性はあり)) 少し高い
大きく利益を出せる可能性 なし あり
中途売却可能か 可能だが、元本割れする可能性が高くなる 可能

債券も株式も、どちらも一長一短あります。

ただ、基本的には債券の方が固いです。満期まで持っていて、会社が債務不履行に陥らなければ元本がそのまま返ってくるからです。

基本的に歴史を見ると債券のリターンは株式に比べると劣後しますので、株式投資の方が良いと考える方も多いですが、そこそこまとまったお金があり、かつ、安定的な収入が欲しいということであれば債券の方が良いでしょう。

 

アフィリエイト

月1万円の不労所得を稼ぐぐらいであれば、アフィリエイトでも到達できるでしょう。

アフィリエイトとは、他社の商品などを紹介して、紹介料をもらう広告手法です。

ただ、アフィリエイトを不労所得と呼ぶ方は多いですが、現実的には多くの手間がかかりますので現実的には「不労」ではないという声も多いです。

まずはホームページの開設から始まりますが、起業・会社設立 税理士メディアの「【超簡単】起業する際のホームページ作成方法を税理士が画像付きで解説」でホームページ開設方法をご紹介していますので、こちらの記事をご覧ください。

 

月1万円の不労所得を稼ぐその他の方法

不労所得の種類とおすすめの方法を資産運用に強い税理士が解説」で、そのほかの不労所得を得る方法をご紹介しています。

たとえば仮想通貨で月1万円の不労所得を稼ぐのは可能です。

ただし、むずかしいです。一時的に稼げたとしても、同額以上に失う可能性もあり、安定的に稼ぎ続けるのはむずかしいからです。

仮想通貨はいま、一種の宝くじのようなものですので、安定的に収入を得たいというのであればおすすめしませんが、「一発逆転を狙いたい」ということであれば、100倍300倍になることもあるので、1万円や10万円分ぐらいだけ狙ってみても良いかと思います。

仮想通貨の取引所はどこがおすすめ?資産運用に強い税理士が比較解説」で口座開設方法を画像付きでご紹介していますので参考にご覧ください。

 

月1万円の不労所得を稼ぐのは、お金があれば簡単

月1万円の不労所得を稼ぐのは、お金があれば簡単に到達できます。

債券や株式は、DMM 株SBI証券で簡単に買うことができますので、「【比較】証券会社のおすすめはどこ?口座開設の流れなど税理士が解説」でまずはどこで証券口座を開設するのが良いか、証券口座の開設方法など確認してみると良いでしょう。

【比較】証券会社のおすすめはどこ?口座開設の流れなど税理士が解説
月1万円の不労所得を得るために今すぐ行動しましょう!

税理士 / 坂根 崇真

【肩書】 税理士、㈳全国第三者承継推進協会 理事、その他 ㈱ 代表取締役 【著書】 相続実務のツボとコツがゼッタイにわかる本 【メディア実績】 Yahoo!ニュース、livedoor ニュース、Smart News、幻冬舎GOLD ONLINE ほか 【プライベート】 プライベートでは株や社債をはじめ、太陽光発電設備を2基など保有する個人投資家

-その他の資産運用

© 2021 資産運用 税理士メディア