仮想通貨

草コイン購入ならBinance|当サイトから登録で手数料永久5%割引

2021年8月2日

Binance(バイナンス)は世界最大の仮想通貨取引所であり、多くの仮想通貨投資家が利用しています。

以下リンクからの登録限定特典:手数料が永久に5%割引

ポイント

Binance(バイナンス)は次の強みを持っています。

  • ユーザー数世界一
  • 取引規模世界最大級(1日の取引高が3兆円以上)
  • 手数料の安さが最安水準
  • 取扱銘柄の数250以上(国内の取引所の20倍以上)

Binance(バイナンス)は、国内の仮想通貨取引所(コインチェック等)とは比較にならない程の取扱銘柄数や手数料の安さで強く、仮想通貨取引を行うのであれば避けては通れない取引所です。

Binanceでは国内の取引所では買えない銘柄(草コイン)も数多く取り扱っていますので、これから上がると見込まれる様々な銘柄に投資を行うことができ、トレードの幅を持たせることができます。

また、現物取引だけでなくレバレッジ取引やDeFi等、Binanceにしかない銘柄等もあり、多くの個人投資家が活用しています。

日本語対応もしていますので、まだ誰も手をつけていない銘柄で爆益を狙うのであれば、今すぐBinanceに口座開設しましょう。今回は世界最大の仮想通貨取引所であるBinanceの口座開設方法や取引方法をわかりやすく解説します。

\手数料永久5%オフ!/

Binance登録画面へGO

仮想通貨取引所「Binance」の概要

所在地 マルタ
取扱銘柄 250種類以上(世界最大レベル)
レバレッジ 最大25倍
取引手数料 手数料:0.1%(取引金額が多くなると、もっとお得になる)

取引所比較

取引所を比較すると次の通りです。

取引所名 手数料 取り扱い銘柄
Binance(バイナンス) 格安
原則0.1%。取引高が多いとMaker 0.015%、Taker0.0400%に下がる
250銘柄以上
Coincheck(コインチェック) 高い
0.1〜5.0%
16銘柄
bitFlyer(ビットフライヤー) 普通
約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
12銘柄

Binanceは手数料が格安であり、取り扱い銘柄も250以上ありますので、ビットコインやイーサリアムなどメジャーな銘柄以外(草コイン)で爆益を狙う場合は口座開設必須です。

 

Binanceでの口座開設:手数料永久5%オフ!

以下リンクからの登録限定特典:手数料が永久に5%割引

手数料永久5%オフにする方法

  1. 以下のボタンをクリックしてBinanceの登録ページへ移動
  2. メールアドレスと登録用パスワードを入力
  3. 招待IDが「W7R2L2XJ」になっていることを確認
  4. 登録後、自動的に手数料が割引されます

すぐに登録できます!

\手数料永久5%オフ!/

Binance登録画面へGO

上記リンクから登録することで、取引手数料が永久5%オフになります。圧倒的にお得に取引するため、今すぐ登録しておきましょう。

  1. Binanceの公式ページに移動
  2. メールアドレスと登録用パスワードを入力
  3. 招待IDが「W7R2L2XJ」になっていることを確認
  4. 最後に「アカウント作成」をクリックして完了です

\手数料永久5%オフ!/

Binance登録画面へGO

Binanceで取引するメリット

Binanceで取引するメリットを5つご紹介します。

ポイント

  • 取引手数料が安い
  • 取扱銘柄が多い
  • 相場が下がるときにも利益を得ることができる
  • 高額な取引を行うことができる
  • 仮想通貨を預けておくだけで多額の利息収入を得られる

取引手数料が安い

Binanceの取引手数料は原則0.1%、取引高が多くなればもっと下がります。

国内最大規模のCoincheck(コインチェック)であれば手数料率が0.1%~5%です。そのため、どんなに少額な取引や高額な取引であっても、Binanceの方が手数料が安いです。

仮に手数料率に2%の違いがあるとすれば、仮想通貨の購入と売却で、あわせて手数料が4%違います。100万円分の仮想通貨の売買で手数料に4万円もの差が出てしまいますので、何度も売り買いする場合にはBinanceでの口座開設は必須です。

 

取扱銘柄が多い

Binanceの取り扱い銘柄は250以上あります。

Coincheck(コインチェック)で16銘柄、bitFlyer(ビットフライヤー)で12銘柄ですから、桁が違います。

Coincheck(コインチェック)などで取り扱っている銘柄は、仮想通貨投資家の中では誰もが知っているような銘柄ばかりのため、ここから仮想通貨取引で億越えの資産を築く「億り人(おくりびと)」は生まれにくいです。

何十倍、何百倍にも値上がりする仮想通貨を狙う場合は、Binanceで探しましょう。

 

相場が下がるときにも利益を得ることができる

Binanceでは信用取引が可能なため、仮想通貨市場の相場が下がるときにも利益を得ることが可能です。

信用取引とは、仮想通貨という「現物」を買わず、投資時点からの値上がりもしくは値下がりした差益部分の利益を得る投資方法です。

信用買いをした場合には、価格が上がった分の利益を得ることができ、信用売りをした場合には、価格が下がった分の利益を得ることができます。

中級者・上級者向けの取引方法ですが、仮想通貨市場が値下がりしていく場合にも利益を得ることができるのは魅力的ですね。

高額な取引を行うことができる

Binanceでは上記の信用取引を用いて、自己資金の何倍もの高額な取引を行うことができます。

通常の取引(現物取引)では、10万円では10万円分の仮想通貨を購入し、それが3倍の30万円になれば差額20万円が儲けになります。

しかし、信用取引を行う場合には、自己資金の何倍もの取引を行うことができます。

国内の取引所では、信用取引はできなかったり、できたとしても通常2倍までです。しかし、Binanceでは最高20倍ものレバレッジをかけることができます。

簡単に言えば、10万円しかなくても20倍の200万円分の取引ができ、それが3倍の600万円になれば差額400万円儲けることができます。

原資が同じ10万円の場合、現物取引では20万円しか儲からなくても、信用取引ならその20倍の400万円の利益を得ることができます。

現物取引 信用取引
どのような取引方法? 仮想通貨を購入し、値上がりを待つ取引 仮想通貨の値上がりもしくは値下がりを予測し、予測通りに値動きした場合、差額分が利益になる取引
ポジション 買いからしか入れない 買い、売りどちらからでも入れる
レバレッジ ー(10万円なら10万円分の仮想通貨しか買えない) 自己資金の20倍の取引が可能

証拠金としてお金を一部担保として預けないといけなかったり、ルールも難しいので上級者向けの取引方法ですが、Binanceで信用取引を活用すれば一攫千金を狙うことができます。

 

仮想通貨を預けておくだけで多額の利息収入を得られる

Binanceでは仮想通貨を預けておくだけで多額の利息収入を得ることができます。

たとえば、Binanceが発行する仮想通貨「BNB」を預けておくと年利10.26%です(2021年8月2日時点)

いまの日本国債の金利が年0.05%、米国債10年ものの金利が1.2%であることを考えると、驚くべき高金利です。

100万円分預けておくだけで年102,600円、値上がりすればさらに利益が出ます。

申込方法も簡単ですので、以下で解説します。

 

1.Binanceにログイン後、上のメニューから「ファイナンス」→「バイナンスアーニング」を選択します。

2.預けたい仮想通貨を選択し、「ステーク」をクリックします。

3.預入期間とロックする金額(預ける金額)を設定します。最後に規約に同意し、「購入確認」をクリックします。

この通り、手続きは非常に簡単です。

ただ預けておくだけで年利10%であり、外貨預金や社債より利回りが高いです。

仮想通貨で長期投資を行う場合、このように、利息収入を手に入れることで、さらなる不労所得を得ることができます。

\手数料永久5%オフ!/

Binance登録画面へGO

Binance口座開設時の注意点

Binanceは手数料の低さに取扱銘柄が250以上と、仮想通貨取引において最強といっても過言ではありません。

ただし、Binanceは日本円の取り扱いがないため、国内の取引所でビットコイン等を購入し、Binanceに送金する必要があります。

もしまだ仮想通貨取引所の口座開設をしたことが無い場合は、まずはCoincheck(コインチェック)で口座開設しておきましょう。

仮想通貨の取引所はどこがおすすめ?資産運用に強い税理士が比較解説」でCoincheck(コインチェック)の口座開設方法を解説していますので、まだ口座を1つも持っていない方は、こちらを見て、まずはCoincheck(コインチェック)に口座開設しておきましょう。

その後、こちらのページからBinanceにも登録しましょう。

仮想通貨の取引所はどこがおすすめ?資産運用に強い税理士が比較解説

\手数料永久5%オフ!/

Binance登録画面へGO

税理士 / 坂根 崇真

【肩書】 税理士、㈳全国第三者承継推進協会 理事、その他 ㈱ 代表取締役 【著書】 相続実務のツボとコツがゼッタイにわかる本 (出版社:秀和システム) 【メディア実績】 Yahoo!ニュース、livedoor ニュース、Smart News、幻冬舎GOLD ONLINE ほか 【プライベート】 株や社債をはじめ、太陽光発電設備を2基など保有する個人投資家

-仮想通貨