その他の資産運用

【FX入門】仕組みを資産運用に強い税理士がわかりやすく解説

2021年5月11日

悩んでいる方
FXってよく聞くけど、どんな仕組みなの?

この記事では、投資家かつ税理士の坂根が解説します。

【FX入門】どんな仕組み?

FXは、Foreign Exchangeを略したもので、日本語では「外国為替証拠金取引」とも呼ばれます。

FXは為替レートの上下を予想し、利益を得る投資方法です。

たとえば、110万円を1万ドル(1ドル110円)に両替えし、外貨預金として保管したとします。

その後、1ドル120円になれば120万円として引き出すことができます。また、1ドル90円になっていれば90万円として引き出すことができます。

すると、最初の110万円から比べると、1ドル120円になれば10万円の儲けが出て、1ドル90円になれば20万円の損失が出ます。

為替レートの変動 利益または損失
1ドル110円→120円 +10万円
1ドル110円→90円 -20万円

これがFXの基本的な仕組みです。

ただ、これだけだと外貨預金と何も変わりませんよね?

FXの特徴は、大きく次の3点にあります。

  • 差金決済を行う
  • レバレッジをかけられる
  • 「売り」から入れる

差金決済を行う

FXでは差金決済を行い、現物の取引を行いません。

つまり、米ドルやユーロなど、いちいち現物で外貨を買ったり売ったりということをしません。

1ドル108円が109円になったり、108円になったり、この値動きした差額分だけを儲けたり、損したりという仕組みになっています。

FX業者に「証拠金」を預け、儲かれば証拠金にプラスされ、損すれば証拠金からマイナスされるような仕組みです。

 

「売り」から入れる

FXは「売り」から入ることができます。

たとえば、いま日本円しか持っていない状態で1ドル108円で売りから入った場合、107円になったときに儲けが出ます。

通常、現物であればドルを「買う」という行為から入り、1ドル108円が109円、110円と円安に振れたときにしか儲けることができませんが、「売り」から入れば、円高に振れたときに儲けることができます。

 

レバレッジをかけられる

レバレッジとは、自分の持っているお金より大きな金額の取引ができることを言います。

たとえばお金が100万円あり、レバレッジが25倍であれば2,500万円分までの取引を行うことができます。

そのため、少ない資金から高額な利益を狙えるということで、一攫千金、宝くじを狙うという方がいます。

レバレッジをどれだけかけられるかはFX業者によって異なりますが、概ね次の通りです。

  • 日本国内の業者:最大25倍(法人は100倍)(金融庁の認可ありを前提)
  • 海外の業者:1,000倍近く

日本でも、以前は法人は400倍などレバレッジをかけられましたが、だんだん規制がかかってきています。

大きく稼げる可能性は減りますが、大きく損する可能性も減ったため、安全な環境が整ってきています。

FXの税金は?

FXの税金については「FXの税金:損しても確定申告が必要?資産運用に強い税理士が解説」でご紹介しています。

FXで赤字続きならあまり考える必要はありませんが、FXで儲けが出れば確定申告が必要です。

 

FXの口座開設方法

FXの口座開設は簡単です。

銀行口座や証券口座を開くのとたいして変わりありません。

【超簡単】FXの始め方を資産運用に強い税理士が解説」で初心者向けの口座などご紹介していますので、もし興味があればこちらの記事もご覧ください。

 

FXはむずかしい

為替相場の上下を読むことは難しいです。

1年後などの状況がある程度予測できたとしても、1時間後などにどう動いているかを判断するのは値動き(チャート)だけ見ていて判断がつくものでは無いと思います。

そのため、FXはギャンブル要素が強いです。

短期的に稼ぐことができても、長期的に稼ぎ続けるのはむずかしい世界と言われています。

堅実に稼ぎたいのであれば、株式投資が良いでしょう。配当金だけで年間3%ぐらいは安定して手に入ります(詳しくは株の配当金生活は可能?いくら必要?高配当株の利回りは?税理士が解説をご覧ください)。

また、もし一攫千金を狙うにしても、いまは仮想通貨の方がよほど魅力的かと思います。

外れればゼロになる可能性はありますが、当たれば億万長者になれるかもしれません。

仮想通貨の取引所はどこがおすすめ?資産運用に強い税理士が比較解説」で口座開設方法をわかりやすくご紹介していますので、宝くじを狙いたい方はこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨の取引所はどこがおすすめ?資産運用に強い税理士が比較解説

税理士 / 坂根 崇真

【肩書】 税理士、㈳全国第三者承継推進協会 理事、その他 ㈱ 代表取締役 【著書】 相続実務のツボとコツがゼッタイにわかる本 【メディア実績】 Yahoo!ニュース、livedoor ニュース、Smart News、幻冬舎GOLD ONLINE ほか 【プライベート】 プライベートでは株や社債をはじめ、太陽光発電設備を2基など保有する個人投資家

-その他の資産運用

© 2021 資産運用 税理士メディア