その他の資産運用

30歳代独身の平均貯金額は327万円!まわりと比較したい方必見!

悩んでいる人
30歳になったけど、俺の貯金って、まわりと比べてどうなんだろう。怖いけど、すげー気になる。

ポイント

<貯金額>

30歳代の貯金額 独身(単身世帯) 2人以上世帯
平均貯金額 327万円 591万円
貯金額の中央値 70万円 400万円
貯金(金融資産)が100万円未満の割合 51% 17.3%
貯金(金融資産)が1000万円以上の割合 9.1% 20.4%

※男性、女性別のデータは無し

やさしい資産運用相談

30歳代の平均貯金額

ポイント

  1. 30歳代独身の平均貯金額は327万円
  2. 30歳代の2人以上世帯の平均貯金額は591万円

1.30歳代独身の平均貯金額は327万円

30歳代の単身世帯の金融資産の保有額は、平均が327万円、中央値が70万円です。

厳密にすべてが貯金というわけではなく、株式や社債なども含めた金額ですが、ここではイコール貯金額として説明します。

金融資産の保有額 割合
0円 31.1%
100万円未満 19.9%
100~200万円未満 9.4%
200~300万円未満 5.9%
300~400万円未満 4.1%
400~500万円未満 4.6%
500~700万円未満 6.4%
700~1000万円未満 5.7%
1000~1500万円未満 4.3%
1500~2000万円未満 1.6%
2000~3000万円未満 2.1%
3000万円以上 1.1%
無回答 3.9%
平均 327万円
中央値 70万円
総数 438人

表:家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査] 令和2年調査結果を基に坂根作成

30歳代で貯金が100万円未満の方は、半数越えの51%です。1000万円以上の方は9.1%と、意外に少ないと感じる方も多いのではないでしょうか。

男性女性別のデータではありませんが、男性で後先考えずにすべて使ってしまう方もいますし、女性で全然お金を使わずに貯めるという人もいますので、平均をとればこのぐらいの数値に落ち着くのでしょう。

2.30歳代の2人以上世帯の平均貯金額は591万円

30歳代の単身世帯の金融資産の保有額は、平均が591万円、中央値が400万円です。

金融資産の保有額 割合
0円 8.2%
100万円未満 9.1%
100~200万円未満 10.0%
200~300万円未満 11.7%
300~400万円未満 10.8%
400~500万円未満 10.0%
500~700万円未満 11.3%
700~1000万円未満 8.7%
1000~1500万円未満 10.4%
1500~2000万円未満 6.5%
2000~3000万円未満 2.6%
3000万円以上 0.9%
平均 591万円
中央値 400万円
総数 231人

表:家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和2年調査結果を基に坂根作成

100万円未満の貯金額の家庭が17.3%と、2人以上世帯でカツカツの家庭は少ないようです。

もちろん、単身世帯と比べると、夫婦2人分の金融資産が合わさるため多くなる、という理由はあります。

特に金融資産保有額の中央値が単身世帯の70万円に比べ、2人以上世帯は400万円と、約6倍の数値を示しています

貯金額1000万円以上の家庭も20.4%と、多くの方がきちんと資産形成できていることがわかります。

住宅ローンを組んで現金比率を減らさないようにしていたり、子供の進学費用などを意識してお金を貯めこんでいるのかもしれません。

30歳代からの資産運用

30歳代になれば、ある程度まとまった金融資産が手元にある方が増えてきます。

たとえば、次のような方法が挙げられます。

1000万円を1億円にすることを目標にするのであれば、とるべき手法のリスクが高くなりますが、年間数十万円程度の不労所得を得るのは現実的です。

【資産運用】1000万円なら何がおすすめ?9種類比較:税理士が解説」でいろんな方法を解説していますので、こちらの記事もあわせてご覧ください。

税理士 / 坂根 崇真

【肩書】 税理士、㈳全国第三者承継推進協会 理事、その他 ㈱ 代表取締役 【著書】 相続実務のツボとコツがゼッタイにわかる本 (出版社:秀和システム) 【メディア実績】 Yahoo!ニュース、livedoor ニュース、Smart News、幻冬舎GOLD ONLINE ほか 【プライベート】 株や社債をはじめ、太陽光発電設備を2基など保有する個人投資家

-その他の資産運用