株式・ETF

ウェルスナビはやめたほうがいい資産運用方法である理由を税理士が解説

2021年6月19日

悩んでいる人
ウェルスナビやめたよ。何であんなもの使ってたんだろう・・・

ウェルスナビは使わない方がいいですよ。この記事では、投資家かつ税理士の坂根が解説します。

ポイント

ウェルスナビのデメリットは大きく次の3点

  1. 取り扱い銘柄が少なすぎる(7銘柄しかない)
  2. 高額な手数料(ETF保有コスト + 毎年1.1%)
  3. ポートフォリオの構築が雑(7銘柄しかないため)

運用資産1億円以上なら実質無料!資産運用実行サポート(証券運用サポート)

※預入資産2億円以上のお客様のみを担当してきたベテランのプライベートバンカーが、証券会社の売買手数料の実費負担のみで、実質無料でポートフォリオの構築から証券口座の開設、株式の購入まで、一貫してサポートいたします。

ウェルスナビはやめたほうがいい理由

ウェルスナビ(WealthNavi)は、AIが資産運用をしてくれると、数年前から密かに人気があるロボアドバイザーです。

  • プライベートバンカーに相談できるほどお金がない方
  • 自分で銘柄を選ぶことができない方

こういった方向けのサービスです。

投資信託を購入する場合であっても手数料がかかりますので、そういったものに頼らずに資産運用したいという方にターゲットを絞っています。

しかし、このサービスはあまりお勧めできるものではありません。

ウェルスナビをやめた方が良い理由は、大きく次の3点です。

  • 取り扱い銘柄が少なすぎる
  • 高額な手数料
  • ポートフォリオの構築が雑

取り扱い銘柄が少なすぎる

ウェルスナビは取り扱い銘柄がたったの7種類しかありません。

しかも、その7種類がすべて公表されています。

ウェルスナビの投資銘柄

ウェルスナビの投資銘柄は次の7つと公表されています。

銘柄 内容 経費率
IYR(iシェアーズ 米国不動産 ETF) 米国の不動産投資信託等に投資する 0.42%
GLD(SPDR® ゴールド・シェア) 「金」に投資する 0.40%
TIP(iシェアーズ 米国物価連動国債 ETF) 米国債に投資する 0.19%
AGG(iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF) 米国の投資適格債券に投資する 0.04%
VWO(バンガードFTSEエマージング・マーケッツETF) 中国、ブラジル、台湾、南アフリカなど、世界中の新興市場にある企業の株式に投資する。テンセントやアリババなど、中国や台湾の大手企業が組み込まれている。 0.10%
VEA(バンガード・FTSE先進国市場) カナダ、ヨーロッパ,、太平洋地域の主要市場にある多様な株式に投資する。 0.05%
VTI(バンガード・・トータル・ストック・マーケットETF) 米国市場全体に投資を行う 0.03%

引用:【比較】証券会社のおすすめはどこ?口座開設の流れなど税理士が解説

URL:https://tszeiri.com/ai/

この7銘柄を、機械的に分散投資するのがウェルスナビです。

「7銘柄って・・・自分で買えばいいじゃん」と思いますよね。

これらの銘柄はDMM 株などで簡単に購入することができてしまいますので、ウェルスナビで投資するぐらいなら自分で買ってしまった方が良いでしょう。

【比較】証券会社のおすすめはどこ?口座開設の流れなど税理士が解説」で口座開設方法を解説しています。

高額な手数料

ETFは上場投資信託とも言いますが、複数の株式に分散投資をしてもらっている状態です。

つまり、運用してもらうための保有コストが毎年かかります。

ETFの保有コストが毎年0.03%~0.42%かかりますが、ウェルスナビでは、さらに毎年1.1%の保有コストがかかります

毎年1.1%の手数料がかかるということは、こんなにかかります。

  • 100万円投資しているなら毎年11,000円
  • 1,000万円投資しているなら毎年11万円
  • 1億円投資しているなら毎年110万円

買い切りで手数料を1回支払って終わりではありませんので、ウェルスナビは使わず、自分で買ってしまった方が良いでしょう。

DMM 株であれば、ウェルスナビで取り扱っている銘柄はどれも、購入手数料、売却手数料ともに無料です。

米ドルへの為替手数料はかかりますが、1ドルあたり25銭と、1万ドル(約110万円)で2,500円の手数料(0.22%)です。ウェルスナビで毎年1.1%の手数料がかかるより、圧倒的にお得であることがわかります。

【比較】証券会社のおすすめはどこ?口座開設の流れなど税理士が解説」で口座開設方法を解説しています。

ポートフォリオの構築が雑

ウェルスナビはポートフォリオを構築してくれますが、めちゃくちゃ雑です。

ポートフォリオとは、資産をどのように配分して保有しておくか、どのような業界の株を持っておくか、といったことです。

株は業界ごとに値動きが異なります。また、リスクをどのぐらいとっていくか、どのぐらいのリターンを目指したいかといった観点から資産運用をしていくのが望ましいです。

しかし、ウェルスナビは7種類のETFの組み合わせしかできませんので、意向に沿った資産運用を行うことができません。

ウェルスナビをやめた人の意見

ウェルスナビをやめた人の意見をTwitterから集めてみました。

ウェルスナビは取扱銘柄があまりにも少ない割に、手数料が高すぎるのがネックになっているようです。

証券運用サポートをご利用ください

ウェルスナビでてきとうなポートフォリオの構築しかできず、また、毎年馬鹿みたいに手数料を支払う必要はありません。

数多くの富裕層(預入資産2億円以上)の方をサポートしてきた元プライベートバンカーが、実質無料(運用資産額1億円に満たない方は有料)でポートフォリオの構築から証券口座の開設、株式や社債の購入まで一貫してサポートいたします。

ぜひ以下のリンクからお問い合わせください!

運用資産1億円以上なら実質無料!資産運用実行サポート(証券運用サポート)

税理士 / 坂根 崇真

【肩書】 税理士、㈳全国第三者承継推進協会 理事、その他 ㈱ 代表取締役 【著書】 相続実務のツボとコツがゼッタイにわかる本 (出版社:秀和システム) 【メディア実績】 Yahoo!ニュース、livedoor ニュース、Smart News、幻冬舎GOLD ONLINE ほか 【プライベート】 株や社債をはじめ、太陽光発電設備を2基など保有する個人投資家

-株式・ETF