その他の資産運用

年収1000万円で税金対策するぐらいなら資産運用すべき理由を解説

悩んでいる人
税金が高いんですわ。何とかなりません?

年収1000万円で税金対策なんて意味ありません。

税金のことを考える暇があるなら、仕事でもっと稼いだり、資産運用で増やす方向にシフトすべきです。

この記事では、投資家かつ税理士の坂根が解説します。

毎月先着10名様限定!税理士によるやさしい資産運用相談

 

年収1000万円で税金対策をする必要が無い理由

年収1000万円で税金対策なんてする必要はありません。

なぜなら、たいした税額ではないからです。

年収 税金(所得税・住民税) 社会保険料
400万円 26万円 54万円
800万円 93万円 111万円
1000万円 148万円 120万円
2000万円 536万円 153万円

※社会保険料は賞与なし等の概算数値。
※基礎控除・社会保険料控除以外の所得控除については考慮していない

上記を見てわかる通り、年収1,000万円の場合、税金は15%程度しかかかりません。

しかも、配偶者控除や生命保険料控除などを一切考慮していない数値のため、多くのケースでは、実際に支払っている税金はもっと少ないです。

 

 

年収1000万円でできる税金対策は詐欺が多い

「年収1000万円だと税金を払いすぎています!国から取り戻しましょう!」といった広告を見たことがありませんか?

あの手の広告で取り扱っているものは、基本的に次のいずれかです。

  • 法律的にブラック
  • 大赤字物件を買わされる

体のいい言葉で業者にだまされて、泣きを見る人は多いです。

だまされないように注意してくださいね。

法律的にブラック

「税金の支払いが減りますよ」と言って、税理士でない人がすり寄ってきます。

そのすすめる内容は、法律に則っていなかったり、脱税行為です。

チュートリアルの徳井さんや青汁王子の三崎さんなど、脱税をすると多額の罰金を支払ったり、ヘタすると逮捕されることもあります。

税金の支払いを免れるって、言い換えれば国からの「万引き」ですからね・・・

甘い言葉で誘ってきますが、手を出してはいけません。

 

大赤字物件を買わされる

「税金が減ります」と言って、大赤字物件を買わせようとする不動産業者はかなり多いです。

具体的には、利益の出ない赤字の賃貸用不動産を「節税できます」と言って買わせようとしてきます。

税金は儲けに対してかかりますので、給与のほか、不動産投資で赤字を出していれば、確かに税金の支払いは減ります。

たとえば次の通りです。

収入 儲け
給与所得 800万円
不動産の赤字 △300万円
差引 500万円

給与所得が800万円で、不動産の赤字が300万円ある場合、相殺した金額は500万円です。

不動産投資で300万円の赤字があれば、相殺後の500万円に対して税金がかかります。

ただ、不動産投資で300万円の赤字ということは、300万円まるっとお金が減るということです。一方で、減る税金はせいぜい数十万円です。

不動産投資をするなら、儲けを出すのが大前提です。不動産投資で節税なんて馬鹿な考えはやめましょう。

 

年収1000万円でできるマトモな税金対策

年収1000万円でできるマトモな税金対策は次の通りです。

  1. ふるさと納税
  2. 個人型確定拠出年金(iDeCo)
  3. 保険料控除
  4. 扶養控除、配偶者控除

ふるさと納税

ふるさと納税をすると、税金の支払いが減ります。

ふるさと納税をすると、税金の支払いが減り、なおかつ、お礼の品を受け取れるため、手間ですがやっておくと得できます。

 

個人型確定拠出年金(iDeCo)

iDeCoを活用した場合、税金の支払いが減ります。

ただ、個人的にはiDeCoはおすすめしません。理由は「iDeCo(イデコ)をおすすめしない理由を資産運用に強い税理士が解説」で解説しています。

 

保険料控除

生命保険料や地震保険料を支払う場合、微々たる金額ですが税金の支払いが減ります。

お問い合わせいただければ、信用できる保険営業マンをご紹介します。

 

扶養控除、配偶者控除

結婚したり、子供ができると税金の支払いが減ります。

扶養控除や配偶者控除と言って、子供がいたり、結婚すると税金が減ります。

 

年収1000万円なら税金対策より資産運用をすべき理由

年収1000万円でかかる税金は148万円程度です。

そんな税金を10万円、20万円減らす努力をするぐらいなら、より稼ぐことに頭を使うべきです。

仕事で稼いでもいいですし、資産運用で稼いでも良いと思います。

株式投資なら、税率は固定で20.315%です。5,000万円稼いでも1億円稼いでも20.315%です。

株の配当金生活は可能?いくら必要?高配当株の利回りは?税理士が解説」で解説している通り、1億円あれば配当金だけで生活が可能です。

税金なんて気にせず、いっぱい稼いで、早くリタイアしてしまうのも選択肢の1つとしてアリだと思います。

株の配当金生活は可能?いくら必要?高配当株の利回りは?税理士が解説

 

騙される前に、税理士がやさしく資産運用のご相談にのります

弊社では資産運用のご相談を承ります

「どういう目的で資産運用をするのか」、これが一番重要です。

人によって正解は違うため、普段はその人その人の背景や家族構成、財産状況などを伺いながらご相談にのっています。

銀行や不動産会社にだまされて大きく損をする方はよくいます。

絶対に損したくない方や、資産を増やしたいとお考えの方は、税理士がやさしく資産運用のご相談にのりますので、ぜひ今すぐ以下のリンクをクリックしてお問い合わせください。

>>資産運用のご相談ページ(こちらをクリック)

税理士 / 坂根 崇真

【肩書】 税理士、㈳全国第三者承継推進協会 理事、その他 ㈱ 代表取締役 【著書】 相続実務のツボとコツがゼッタイにわかる本 (出版社:秀和システム) 【メディア実績】 Yahoo!ニュース、livedoor ニュース、Smart News、幻冬舎GOLD ONLINE ほか 【プライベート】 株や社債をはじめ、太陽光発電設備を2基など保有する個人投資家

-その他の資産運用