株式・ETF

楽天証券の米国株手数料は高い?!資産運用に強い税理士が解説

悩んでいる人
米国株を楽天証券で買おうと思ってるけど、手数料ってどうなのかな?

楽天証券の米国株手数料は安いです。

SBI証券(金融商品仲介業者ネクシィーズ・トレード)と同じです。

ただし、楽天証券は手数料が安いため選択肢として悪くありませんが、システムエラーも頻繁に起きやすいです。

もしこれからネット証券で口座開設をする場合には、SBI証券もしくはDMM 株の方が良いでしょう。

この記事では、投資家かつ税理士の坂根が解説します。

 

楽天証券の米国株の取引手数料は安い

楽天証券の米国株の取引手数料は安いです。

ネット証券口座開設数ナンバーワンのSBI証券と同等の手数料であり、国内におけるネット証券の手数料ランキングTOP5には入るでしょう。

 

楽天証券を含めた米国株の手数料比較

人気のネット証券の手数料を比較しました。

DMM 株 SBI証券、楽天証券 マネックス証券
為替手数料(スプレッド) 25銭 25銭 買付時:0銭(※2)
売却時:25銭
購入手数料 無料 0.495%(最大22米ドル。一部無料) 0.495%(最大22米ドル)
売却手数料 無料 0.495%(最大22米ドル) 0.495%(最大22米ドル)

※1 2021年6月24日時点
※2 定期的に見直し、変動あり
※3 DMM株は決済がすべて円建てのため、為替手数料は売買のたびにかかる

SBI証券、楽天証券はどちらも手数料が同じです。

日本円から米ドルに変換する際、25銭の為替手数料がかかり、買い付け時に0.495%、売却時に0.495%の手数料がかかります。

それと比べるとマネックス証券の方が、為替手数料が購入時無料なため、基本的に軍配が上がるように思います。

ただし、マネックス証券は私も以前使っていたことがありますが、非常に使いにくいためおすすめしません。

なお、手数料が一番安いのはDMM 株です。購入手数料、売却手数料ともに無料なのは凄すぎです。

 

楽天証券の評判

楽天証券は良い評判もありますが、悪い評判も目立ちます。

まとめると、悪い評判は次の2つに多いです。

  • 使いにくい(個人差があります)
  • エラーやシステムトラブルが頻繁に起きる

楽天証券は使いやすいという声もありますが、やはり人の好みもあるので使いにくいという声も目立ちます。

また、システムトラブルが頻繁に起きるようです。買いたいときに買えない、売りたいときに売れないというのは痛いです。

そのため、口座開設が未経験の場合、ネット証券口座開設数ナンバーワンで安心のSBI証券、もしくは手数料の安いDMM 株が良いでしょう。

【比較】証券会社のおすすめはどこ?口座開設の流れなど税理士が解説」で口座開設方法を解説していますので、こちらの記事もあわせてご覧ください。

【比較】証券会社のおすすめはどこ?口座開設の流れなど税理士が解説

 

資産運用の相談をしましょう

「人に相談しながら資産運用をしたい」という方は、「資産運用実行サポート(ポートフォリオ構築、株式等の運用サポート)」をご利用ください。

預入資産2億円以上のお客様のみを担当していたベテランのプライベートバンカーが担当者として対応します。

運用額が少なくても構いませんが、運用資産が1億円以上ならサポート報酬は実質無料です。ぜひ、今すぐお申し込みください!

運用資産1億円以上なら実質無料!資産運用実行サポート(ポートフォリオ構築、株式等の運用サポート)

 

税理士 / 坂根 崇真

【肩書】 税理士、㈳全国第三者承継推進協会 理事、その他 ㈱ 代表取締役 【著書】 相続実務のツボとコツがゼッタイにわかる本 (出版社:秀和システム) 【メディア実績】 Yahoo!ニュース、livedoor ニュース、Smart News、幻冬舎GOLD ONLINE ほか 【プライベート】 株や社債をはじめ、太陽光発電設備を2基など保有する個人投資家

-株式・ETF