仮想通貨

【大儲け】仮想通貨の3つの稼ぎ方を資産運用に強い税理士が解説

2021年5月14日

悩んでいる人
仮想通貨取引を始めてみたいけど、どうやって稼ぐのかな?

仮想通貨の稼ぎ方には、大きく3つの方法があります。

仮想通貨の3つの稼ぎ方

仮想通貨の稼ぎ方には大きく3つあります。

  • マイニング
  • 現物取引
  • 信用取引

マイニング

マイニングを行えば仮想通貨を稼ぐことができます。

マイニング(マイニング報酬)とは、ビットコインなど仮想通貨の売買取引を記録するときや正確性の判断の際に、その手続きをサポートした場合、その報酬として新しく発行される仮想通貨をもらうことです。

ただし、専門的な知識が必要であったり、高性能なパソコンを用意しなければなりません。

24時間パソコンをつけっぱなしなど、膨大な電気代が必要となるため、電気代が安価な中国などで活発に行われているようです(ただし、省エネのために今後一部地域ではマイニングが禁止になるようです)。

ちなみに、日本だとマイニングで得られるビットコインの収入と、電気代などの経費がつりあわないため、ほとんど行われていないようです

日本の大手企業でもマイニングに乗り出しているところはありますが、北欧など外国のようです。

そのため、初心者がこれからマイニングに乗り出すのはちょっと現実的ではないかもしれません。

 

現物取引

仮想通貨で稼ぐなら、仮想通貨取引所で現物取引を行うのが現実的です。

現物取引というのは、仮想通貨をお金(日本円など)で買って、値上がりしたら売るということです。

仮想通貨は株と同様に、日々値動きしています。

ビットコインも、2017年ぐらいから20万円程度からどんどん上がり続け、2021年の4月には687万円程度まで高騰しました。

仮想通貨はもし外れればゼロになる可能性はありますが、今後ビットコインが主要な通貨になり、1ビットコイン2,000万円、3,000万円に跳ね上がる可能性もあるという声もあります。

一種の宝くじのようなものですが、もし興味があればCoincheck(コインチェック)などで口座開設してみると良いでしょう。

仮想通貨の取引所はどこがおすすめ?資産運用に強い税理士が比較解説

 

信用取引

信用取引とは、実際にビットコインなどの購入は行わず、価値があがった分だけ、さがった分だけが利益、損失になる投資方法です。

レバレッジをかけられることも多く、多額の資金がなくても大きな取引が可能です。

レバレッジをかけるというのは、簡単に言えば自己資金の何倍もの取引を行うことです。

一瞬で大儲けできる可能性もありますが、一瞬で何十万円、何百万円も失う可能性もあるため、初心者は手を出さない方が良いでしょう。

 

仮想通貨の稼ぎ方(現物取引、信用取引)

現物取引

現物取引の場合は、「安く買って高く売る」ことでしか稼ぐことができません。

仮想通貨は日々値動きしていますので、安いと思ったときに買って、高いと思ったときに売りましょう。

もちろん、いま仮想通貨に資産価値があるかどうかは非常に怪しいので、価値なんてあってないようなものです。

株と同様にチャート分析をしたところで、大勝ちするのはむずかしいと思います。

自分の信じた銘柄で、この金額なら手を出せる、失敗してもいいやと思ったところで買いましょう。

 

信用取引

信用取引の場合は、次のどちらでも稼ぐことができます。

  • 安く買って高く売る
  • 高く売って安く買う

安く買って高く売るのは現物取引の場合と同様です。

1ビットコインが600万円の状態で購入し、620万円に上がれば20万円儲けが出ます。これは現物取引と同じです。

ただし、信用取引の場合は「売り」から入ることもできます。

1ビットコイン600万円の状態で売りから入り、590万円に下がれば10万円の儲けが出ます。

ビットコインの価値が上がりそうなときは「買い」から入り、ビットコインの価値が下がりそうなときは「売り」から入れば稼ぐことができます。

ただ、当然ながら買う時も売るときも手数料がかかりますので、単純に2分の1で勝てるゲームというわけではない点には注意してください。

仮想通貨に確実な稼ぎ方はない

仮想通貨に確実な稼ぎ方はありません。

外せばゼロ円、当たれば億万長者。

一種の宝くじのようなものと考えておくのが良いでしょう。

もし興味があればCoincheck(コインチェック)などで口座開設してみると良いでしょう。以下の記事で、仮想通貨取引所の口座開設方法を、画像付きでわかりやすく解説しています。

仮想通貨の取引所はどこがおすすめ?資産運用に強い税理士が比較解説

税理士 / 坂根 崇真

【肩書】 税理士、㈳全国第三者承継推進協会 理事、その他 ㈱ 代表取締役 【著書】 相続実務のツボとコツがゼッタイにわかる本 (出版社:秀和システム) 【メディア実績】 Yahoo!ニュース、livedoor ニュース、Smart News、幻冬舎GOLD ONLINE ほか 【プライベート】 株や社債をはじめ、太陽光発電設備を2基など保有する個人投資家

-仮想通貨