相続全般

【相続分の譲渡】遺産分割から離脱する方法を相続に強い司法書士が解説

亡くなった方から財産を受け取れる権利「相続分」。

実はこの相続分は、譲渡(売却)することができます。

榎本司法書士に、解説動画「【相続】遺産分割から離脱する方法。相続分の譲渡を解説」を作成していただきましたので、ぜひご覧ください。

なお、相続人同士(例:弟から兄)で相続分の売却を考えるのであれば、遺産分割協議をして、話し合いで財産をどうわけるか決めれば十分です。

また、借金を引き継ぎたくない意図であれば、相続放棄を検討すれば十分です。なので、相続分の譲渡は数ある手段のうちの一つに過ぎないと考えておくと良いでしょう。

なお、もし第三者に相続分の譲渡(売却)を行った場合、どうなるでしょうか。親族間での話し合いの中、いきなり第三者が遺産分割協議に介入すれば揉めてしまう可能性が高くなってしまうのでやめておいた方が良いでしょう。

争いに巻き込まれそう、遺産分けで揉めたくない。そういった方は、早めに弁護士や司法書士などの専門家に相談することをお勧めします。

東京あんしん相続手続きサポート

\初回無料診断/

相続手続きのサポートを依頼する!

-相続全般