リクルートカードのメリット・デメリットは?審査や年会費、ポイント還元率を徹底解説!

リクルートカードは、常時ポイント還元率が1.2%の高還元クレジットカード。ホットペッパービューティーやホットペッパーグルメを利用している人には特におすすめです。

この記事ではリクルートカードのメリット・デメリットと共に、審査難易度や年会費、ポイント還元率などを詳しく解説していきます。

リクルートカードの発行に悩んでいるという方は、ぜひ参考にしてください。

目次

リクルートカードの特徴を解説

リクルートカードの特徴

  1. いつでも還元率が1.2%
  2. リクルート関連サービス利用で最大4.2%
  3. 貯まったポイントをPontaポイントやdポイントに交換できる
  4. 海外旅行:最高2,000万円、国内旅行:最高1,000万円の旅行損害保険が付帯
  5. 国内、海外問わず最高200万円のショッピング保険が付帯
年会費永年無料
国際ブランドマスターカード・VISA・JCB
ポイント還元率1.20%~4.20%
ポイント使用例リクルートポイントPontaポイントdポイントJALマイル
追加カードETCカード、家族カード
電子マネー非搭載
対応スマホ決済ApplePay、GooglePay、楽天ペイ※JCBブランドは利用不可
保険・補償《海外旅行》死亡後遺障害:2,000万円傷害治療:100万円疾病治療:100万円賠償責任:2,000万円救援者費用:100万円《国内旅行》死亡後遺障害:1,000万円ショッピング保険(海外・国内):最高200万円
マイル交換JALマイル
申し込み対象18歳以上で安定した収入のある方
発行スピード約1~2週間

リクルートカードは、年会費永年無料のクレジットカードでありながら、付帯サービスが充実しているスペックの高いクレジットカードです。

まずは、還元率がいつでも1.2%の高還元カードであり、じゃらんnetやポンパレモールなどのリクルート関連サービスを利用すると最大4.2%の還元を受けることが可能。さらに、じゃらんnetでは10%以上の還元率が実現するプランがあり、ポンパレモールでは最大20倍となる商品も存在します。上手く使うと、すごいスピードでポイントが貯まっていきます。

付帯サービスも、最高2,000万円の海外旅行傷害保険に、最高1,000万円の国内旅行傷害保険、さらには、国内、海外問わず購入した商品すべてが対象となる、ショッピング保険も最高200万円と大型になっています。

1.2%の高還元率

リクルートカード公式サイト

旅行に、美容に、いろいろ使える!

リクルートカードのメリット

リクルートカードは、常時1.20%の還元率を誇るクレジットカードです。さらに、リクルートが展開する「じゃらん・ポンパレモール・ホットペッパービューティ・ホットペッパーグルメ」を利用すると、驚くほどポイントが貯まっていきます。

貯まったポイントは、1ポイント=1円で利用できて、リクルートのサービスで利用できる他、Pontaポイントやdポイントに交換することも可能です。

「驚異の高還元カード!」と呼ばれている、リクルートカードのメリットを解説します。

それぞれ見ていきましょう。

常時1.20%の高還元率

ただカードを利用するだけで1.20%のポイントが還元されるクレジットカードは、リクルートカードだけでしょう。

しかも、1,000円単位でなく100円=1.2ポイントなので、ポイントが貯まりやすく無駄がありません。

年会費は永年無料でこのポイント還元率は非常に高いです。

じゃらんnetやポンパレモールでポイントアップ

リクルートが運営するる「じゃらんnet」で予約・宿泊し、リクルートカードで支払うと、最大11.2%ポイント還元されるプランを利用できます。

たとえばじゃらんnetで予約してサービスを利用するとき、通常なら2.00%還元のところ、10.00%還元のプランを選べます。その後、リクルートカードで支払いすると、最大で11.2%が還元される仕組みとなっています。通常でも3.2%還元と、はじめから高還元なのは間違いありません。

じゃらん。ネtポンパレモールでもリクルートカードで買い物、支払いすると4.2%以上の還元率。20.0%還元の商品も多数あり、最大でなんと21.20%の還元となる商品もあります。ポンパレモールでの決済は、リクルートカードが必須といってもよいくらいです。

ホットペッパービューティは2度お得

ホットペッパービューティでは、リクルートカードを利用すると2度お得となります。

1度目のお得は、割引クーポンを利用して予約をすることです。このとき、リクルートカードは必要ないので、どのカードを持っていても共通にお得です。

支払い時にリクルートカードを利用すると、3.2%還元となり他のカード決済よりも高い還元率でポイントが貯まります。

つまり、割引クーポンでお得に安く利用して、支払いはリクルートカードで3.2%のポイントをゲットすると、2度お得になるのです。

ホットペッパーグルメは利用人数+1.20%還元

ホットペッパーグルメでは、ネット予約&来店で「人数×50ポイント」が貯まります。さらにリクルートカードで決済すると、1.20%がポイント還元。

会費5,000円で20人の仲間内の飲み会で、幹事をした場合で計算してみましょう。まず、ネット予約&来店で「20人×50ポイント=1,000ポイント」貯まります。会計では、100,000円×1.20%=1,200ポイント獲得となり、合わせると2,200ポイントも貯まってしまいます。

リクルートカードを持っているなら、大人数の幹事は引き受けた方がお得になりますね。

Pontaポイントやdポイントに等価交換が可能

リクルートカードで貯めたポイントは、じゃらんnetやポンパレモール、ホットペッパー関連で利用できる他に、Pontaポイントやdポイントに交換することが可能です。

しかも、交換レートは等価となっているので、無駄なくさまざまに利用することが可能となっています。たとえばコンビニはローソン派の方なら、Pontaカードは必須なので必ず持っているはずです。そして、PontaWEBの会員登録も完了しているでしょう。

するとリクルートカードで貯まったリクルートポイントを、PontaWEBにてPontaポイントに交換して、ローソンの商品をポイントで購入することが可能となります。

リクルートポイントだけでなく、Pontaポイントやdポイントに等価交換できるのは、大きなメリットといえますね。

充実した保険が付帯している

リクルートカードには、充実した保険サービスが付帯しています。

年会費永年無料のクレジットカードで、海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険の両方が付帯しているカードは貴重です。

海外旅行傷害保険では、死亡後遺障害が最高2,000万円。その他「傷害疾病治療:100万円・賠償責任:2,000万円・救援者費用:100万円」の補償が付帯します。

国内旅行傷害保険には、死亡後遺障害が最高1,000万円となっていて、さらに、国内、海外問わず最高200万円のショッピング保険も付帯する、高スペックなクレジットカードです。

1.2%の高還元率

リクルートカード公式サイト

旅行に、美容に、いろいろ使える!

リクルートカードのデメリット

常時1.20%のポイント還元で、さらに、リクルートのサービスを使えばもっとたくさんのポイントをゲットできる、正に驚異の高還元クレジットカードが、リクルートカードです。

そんなリクルートカードにもデメリットは存在します。

それぞれ見ていきましょう。

楽天市場での買い物は楽天カードが上回る

ポンパレモールでは幅広い商品を取り扱うショッピングサイトですが、楽天スーパーセールなど特別なセールの場合は、楽天市場の方がお得になります。

その際には、リクルートカードよりも楽天カードの方が還元率は高くなります。

2つを比較すると、デメリットと感じることがあるかもしれません。

ポイントが貯まるのが嬉しくて使い過ぎるかも

リクルートカードを利用していれば、たくさんリクルートポイントが貯まっていきます。

あまりに多くのポイントが貯まるので、ついつい使い過ぎてしまうかも知れません。

これはリクルートカードに限った話ではありませんが、使い過ぎには注意が必要ですね。

リクルートカードがおすすめな人

ではここで、リクルートカードがおすすめな人をご紹介しておきましょう。

どのような人に、リクルートカードは相応しいのでしょう。

カード利用でポイントを多く貯めたい人

「クレジットカードを利用するなら、できるだけ多くのポイントを貯めたい」と考えている人には、リクルートカードがおすすめです。

普通に使うだけで100円=1.2%還元で、リクルート関連のサービスを利用すれば、最大20倍のポイントを貯められます。

ポイントを早く、多く貯めたい人にはリクルートカードをおすすめします。

旅行・グルメ・リラクゼーションをお得に利用したい人

リクルートカードを持っていれば、「旅行・グルメ・リラクゼーション・美容」などを、お得に利用できます。

旅行はじゃらんnet、グルメはホットペッパーグルメ、リラクゼーションや美容ならホットペッパービューティが、お得に利用可能です。

リクルート社はさまざまなサービスを提供しているので、リクルートカードを持っていると何かとお得になります。

他のポイントに交換して利用したい人

リクルートカードで貯まるポイントは、基本的にリクルートポイントとなります。1ポイント1円で利用できて、Pontaポイントやdポイントに等価で交換できます。

リクルートポイントでも、各リクルートサービスで利用できますが、Pontaポイントに交換すればローソンでお得に使えますし、dポイントに交換するとd払いで、ローソンだけでなく、ファミリーマートやセブンイレブンでも利用が可能となります。

このように、貯めたポイントを他のポイントに交換して利用したい人には、リクルートカードがおすすめとなります。

1.2%の高還元率

リクルートカード公式サイト

旅行に、美容に、いろいろ使える!

リクルートカードの口コミ・評判

リクルートカードを実際に使っている方の口コミをご紹介します。

リクルートカードの口コミ

24歳/女性 

日常生活での支払いでカードがあれば便利だなと思ったので、購入しました。リクルートカードを選んだ決め手は還元率の高さです。現金だとポイントも貯まらないですが、こちらのカードだと買い物のたびにポイントが貯まります。単純にお得だなと思ったので使用を始めました。また、溜まったポイントをホットペッパーやポンタに変えられるところも魅力です。普段からよく利用するものだったので、ポイントを貯めて使えたらいいなと思いました。


28歳/女性 

こちらのカードは、年会費が無料で持つことが出来るので、持ちやすさは良かったと感じました。また、主にじゃらんなどのリクルート系のサイトを利用した場合、ポイントをアップしてもらうことが出来るので、貯めやすいと感じました。ただ、ポイントに関しては、有効期限があるので、それが少しネックだなと感じました。また、ナンバーレスではないので、カード番号等を盗まれる可能性もあるので、その点が少し嫌だなと感じました。


34歳/男性 

還元率が1.2%ということでその点に魅力を感じていました。また、各種税金を納めるためにナナコを利用しています。以前はナナコカードへリクルートカードを使用してクレジットカードチャージを行うとポイントが獲得できたのでとても利用価値があると思い使用していました。しかし、だんだん改悪が行われていっているため最近では魅力が激減しているように思っています。税金の支払いは毎年あるのでポイント獲得のチャンスなので今後は引き続き使用するか検討中です。


34歳/女性 

基本的な還元率が1.2%と高還元なのが魅力だと思います。そして、ホットペッパー、ホットビューティー、じゃらんなどを利用すると還元率がアップするところが一番のメリットです。よく出かけるので特にじゃらんを利用することが多いため、すぐにポイントが貯まります。そこまでがんばってポイントを貯めようと思わなくてもいつの間にか貯まっているところが気にっているのでこれからも使い続けたいと思います。おすすめのカードです。


35歳/男性 

リクルートカードを利用している理由は、他のクレジットカードに比べてポイント還元率が高かったのと、旅行や遊びに行くときの宿泊予約をじゃらんnetで行うからです。また、ポイントを貯めるために、携帯電話にリクルートカードを連携させてクイックペイで利用できるようにしています。ガソリンスタンドやスーパーで、バーコード払いができない場合は、クイックペイで支払っているので少しずつですがポイントは貯まっていきます。


36歳/女性 

ネットで調べてクレジットのポイント還元率が高いことから利用しはじめました。貯まったポイントがホットペッパーやじゃらんで利用出来るのが気に入っています。またコンビニで税金や水道料金の支払いをナナコで支払いたかったので、ナナコへのチャージするクレジットカードとして利用しています。額が大きいので、ポイントが溜まるのが早いような気がして、大変気に入っています。しかし、クレジットカードの支払いを確認したい時のアプリが見辛いです。


38歳/男性 

リクルートカードを作ったきっかけはポイントサイト経由で、それで貰えるポイントが目的ではありました。しかし、通常でもポイント還元率が比較的高かったので、普段のコンビニやガソリンの給油にも利用していたら割と効率的にポイントが貯まって使い勝手が良かったですし、ポンパレモールでは更に還元率が上がり日常的な物をまとめ買いをしたりしていたらどんどん貯まっていたので、利用の仕方次第ではとても便利なクレカだと思いました。


40歳/男性 

マスターカードでの使用感となります。何と言っても、どこで使っても1.2パーセントの還元を受けることができる点が嬉しいです。ポイント付与は、月の合計利用金額に対して1.2パーセントなので、取りこぼしを気にしなくていいことも気に入っています。ポイントはリクルートポイントが貯まりますが、pontaポイントやDポイントに等倍交換が可能なので、普段からリクルート系のサービスを利用していない方でもオススメできます。


41歳/女性 

リクルートスタッフィングにて派遣バイトやパートで働いているため、色々な施設を少し安く使えたり、ホットペーパービューティーのクーポンを使用したり、ポイントが沢山貰えたりと私自身は年間費も無料だし、WinWinの関係で色々なポイントが貰えるので相乗的にポイントやクーポンが沢山貰い、使用して色々な特典を頂いております。独自のリクルートポイントもいつの間にか拡大していている状況です。 リクルートの会社システムやブランドも好きなのかなと思います。


43歳/男性 

年会費無料でありながら通常時のポイント還元率が1.2%になっているので、年会費無料のクレジットカードの中ではトップ水準のポイント還元率となっています。ただしリクルートポイントは使い道が限定されてしまうのでやや使いにくいさがあります。ホットペッパーやポンパレモールなどを利用することもありますが、メインはpontaポイントに交換をしています。それから日本国内及び海外の旅行損害保険が利用付帯で付いています。自動付帯ではないですが、リクルートカードを利用するだけなので条件としては厳しいものではありません。またモバイルSuicaへの電子マネーのチャージでも3万円以下までポイントが付くのも嬉しいです。


46歳/女性 

通常ポイント還元率が1.2倍と高く、年会費が無料なのでメインカードとして使用しています。普段の店頭での買い物だけでなく、ネット通販や公共料金の支払いにもできるだけ利用するようにしていると、年間20000以上のポイントが貯まっています。またETCカードも無料で発行でき、ETC利用の際も1.2%のポイントがつくので、高速道路を使う時にもとてもお得感を感じています。またスマホ決済にも対応しているので、私はQUICPayを利用し、コンビニやドラッグストアなどではカードを出さなくても決済ができ、またその利用にもポイントが貯まるのでとても便利です。


50歳/女性 

年会費が無料であるにもかかわらず、ポイント還元率が1.2パーセントと高めでお得感があるので、このカードを使っています。基本的な使い方としては、電気・ガス料金、携帯電話料金、NHKの受信料や生命保険料など、定期的な支払いが発生する場合にこのカードで支払いをする設定にしています。定期的な支払い以外には、例えば、パソコン、テレビ、スマホ、洋服、靴などの高額商品を実店舗で購入する場合に使うようにしています。


61歳/男性 

なぜ、リクルートカードを使っているか、その一番の理由はポイントの還元率の高さです。1.2%という高さは十分に魅力的です。それでいて年会費は無料です。それもこのカードを使っている大きな魅力の一つです。仮にあまり使わなかったとしても、負担はないのですから。それと、リクルートという企業が持っている知名度の高さ、安心感や信頼感も、大きな意味があると思います。やはりカードは信用が第一なので、あまり社会的に知名度のないところのは使いたくないですから。


62歳/男性 

自宅の前にローソンがあり、休日によく買い物することがあるので、リクルートカードを支払い用に使用しています。貯まったリクルートポイントがPontaポイントに交換でき、実質的にローソンでの買い物に利用できます。Pontaポイントは楽天ポイントやTポイント、PAYPAYポイントに比べ、貯められる場所が少ないのですが、リクルートカードの還元率が1.2%以上と優秀なので、そこそこ貯めることができ、喜んでいます。現金が必要な時はauPAYアプリで換金できるのもうれしいところです。


65歳/男性 

お小遣いサイトからの誘導で、結構ポイントがつきましたよ。リクルートポイントで統合されていますね。身近なコンビニ、ローソンのポンタポイントにじゃらんnetのポイントも使えます。自分は、レンタカーを2.3か月に一度借ります。まあまあ高額なので、このポイントを割引にしますね。ボンパレのショッピングも豊富な品物がありますので、使い勝手はよいですね。ただ美容関係に使える割引特典が多く、老年男性は使わなくなるなりますね。

リクルートカードで貯まるポイントの使い道

リクルートカードで貯まるポイントは、基本的にはリクルートポイントです。

みなさんがどのようにポイントを活用しているのか紹介していきます。

ポイントの使い道

24歳/女性

ホットペッパービューティーで使いました。美容院にいったときに、還元率ポイントを使って割引になりました。あとはディーポイントに変換して普段の買い物にも使いました。


28歳/女性

ポイントに関しては、リクルート系のサイト例えば、じゃらんでの支払いやホットペッパーでの支払いに利用しています。また、他社のポイントと交換することで、コンビニ等で利用しています。


34歳/男性

ポンパレモールを利用して日用品や食品などそのときに必要なものを購入するのに利用しています。また、普段利用している美容室がホットペッパービューティーを利用して予約できるのでそのときの支払いに充当したりしています。


34歳/女性

たまったポイントはじゃらんnetで利用することが多く、レジャーに使うことが多いので、とても便利に利用することができます。使い道が多いので、ポイント使い道に困ることはありません。


35歳/男性

リクルートカードで溜まったポイントは、ホットペッパービューティーでポイントが利用できるところの美容室で利用しています。しゃらんnetでもレジャーや体験で利用することもあります。最近は、リクルートポイントをdポイントに交換できるようになったので、dポイントとして使うことが多くなりました。


36歳/女性

溜まったポイントは、ホットペーパービューティーで美容室代として利用しています。大変助かっています。その他は特に使っていません。美容室代のために溜めています。


38歳/男性

ポイントはある程度までは使わず貯めていましたが、ある程度貯まったら系列サービスのポンパレモールでそのまま使っていましたし、ポイントをある程度貯めてお得に使うといったサイクルができていました。


40歳/男性

リクルート系のサービスの中でホットペッパービューティーを利用しているので、毎回ポイントで髪を切っています。また、pontaポイントに交換してau PAYで買い物に利用しています。


41歳/女性

日常の娯楽に消えていきます。エステや美容院にはいつもお得に時には無料で行くことができたりします。タオルや食器のギフトもお得に頂いたりしました。


43歳/男性

貯まったポイントは、pontaポイントに交換をしています。貯めるリクルートポイントをより使い道があるpontaポイントに交換をするようにしています。


46歳/女性

リクルート系サービスで使っています。旅行サービスのじゃらんでポイントを利用し毎年家族旅行の足しにしています。またじゃらんでリクルートカード決済をするとポイント上乗せもあるのでさらにお得になります。


50歳/女性

貯まるのはリクルートポイントという独特のポイントなので、Pontaポイントに交換して、ローソンでお試し引換券の申し込みをするときなどに利用しています。


61歳/男性

溜まったポイントの大半は、ポンパレモールでのショッピングに利用しています。ポイントの還元率が3%とかなり高く、品揃えもいいので、折に触れてチェックしています。


62歳/男性

ほとんどをPontaポイントに交換してローソンで使用しています。額はそれほど大きくありませんが、月に2、3回はポイントで買い物できますから、満足しています。


65歳/男性

ボンパレモールでネットショップに使いました。ポイント消化のコーナーもありますので、細かいポイントも使えます。割れチョコに使いましたよ。お得でした。

リクルートカードの申し込みから発行の流れ

リクルートカードは申し込みと初回の特典受け取りが、WEBから簡単に行えます。

ステップ内容
ステップ1リクルートIDを取得カード申し込みフォームにログイン
ステップ2国際ブランドを選択必要項目を入力申込内容確認
ステップ3審査開始
ステップ4カード発行メール受信カード発行
ステップ5カード受取カードマイページログイン
ステップ6特典受け取りボタンクリック

リクルートカードに関するQ&A

ここでは、リクルートカードについてのさまざまな疑問についてお答えしましょう。

リクルートカードの審査難易度は?

リクルートカードの審査難易度は、低めといえます。その根拠は、申し込み条件が「18歳以上で安定した収入のある方」となっていて、収入金額などの条件がないことです。

「18歳以上」なので、高卒で就職した方の年収は多くありません。

もし、年収が必要なら20歳以上もしくは27歳以上となるでしょう。しかし、18歳以上でOKなので、無職でない限り審査通過は難しくないといえます。

リクルートカードの締め日・引き落とし日は?

リクルートカードの締め日は、毎月15日締めとなり、翌月10日に口座引き落としにて支払いとなります。

10日が土日祝で金融機関が休みの場合は、翌営業日に引き落としされます。

リクルートカードで貯まるポイントはどこで使えるの?

リクルートカードで貯まるポイントは、基本的にはリクルートポイントです。このリクルートポイントは、じゃらんnetやポンパレモールなど、リクルート関連のサービスで利用できます。

さらに、リクルートポイントをPontaポイントに交換すれば、ローソンなどPontaポイント加盟店で利用が可能となります。

dポイントに交換すれば、「ローソン・ファミリーマート・セブンイレブン・マツモトキヨシ・Takasimaya・ウエルシア・東急ハンズ・西武そごう・イトーヨーカドー・すき家」などの、d払いが可能な店舗で利用できます。

まとめ

今回はリクルートカードについて、詳しく解説してきました。「驚異の高還元率カード!」と呼ばれるクレジットカードですが、記事をご覧頂いたとおり本当にたくさんのポイントが貯まるカードとなっています。

さらに特筆すべきは、貯まったリクルートポイントをPontaポイントやdポイントに交換できることです。しかも、交換時の手数料は不要で等価交換が可能なので、好きなタイミングで使いたい場所にドンピシャのポイントで利用できます。

これは、ポイント利用に大きな幅ができるので、メリットとしては大きいですね。

ポイントを多く貯めて、さまざまなところで利用するなら、リクルートカードに勝るカードはないといえるでしょう。

1.2%の高還元率

リクルートカード公式サイト

旅行に、美容に、いろいろ使える!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次