ライフカードのメリット・デメリットは?審査や年会費、ポイント還元率を徹底解説!

ライフカードは、年会費無料でETCカード、家族カードも無料発行できるクレジットカードです。

この記事ではライフカードのメリット・デメリットと共に、審査難易度や年会費、ポイント還元率などを詳しく解説していきます。

ライフカードの発行に悩んでいるという方は、ぜひ参考にしてください。

目次

ライフカードのメリット

ライフカードは年会費無料、ETCカード発行手数料無料、誕生日月はポイントが3倍になるなど、さまざまなメリットが詰まったクレジットカードです。

ここでは、ライフカードのメリットをお伝えします。

それぞれ解説していきます。

年会費が永年無料&選べる国際ブランド

ライフカードの年会費は、永年無料です。

入会初年度も無料ですし、その翌年も無料。使い続ける間、ずっと年会費が無料なのは嬉しいですね。

ライフカードに搭載される国際ブランドは「マスターカード・VISA・JCB」の3つの国際ブランドから、お好きなブランドを選ぶことが可能です。メインカードでもサブカードでも、好きな国際ブランドを選びましょう。

ETCカードと家族カードも無料で発行される

ETCカードは、クレジットカードがないと発行されないカードです。他のクレジットカードでは、ETCカードを発行する際には発行手数料が必要なカードも存在します。

ところが、ライフカードではETCカードの発行に費用はいりません。完全無料で発行されるので、とてもお得で便利です。また、ライフカードでは家族カードの発行も行っています。この家族カードも、発行手数料、年会費も不要となっています。

家族カードの対象は、生計を同一とする配偶者・親・高校生を除く18歳以上の子どもに、家族カードは発行されます。

誕生月はポイントが3倍となる

ライフカードのポイント還元率は1,000円で1ポイント(4.7円相当)なので、約0.5%還元となっています。しかし、入会して1年間は1.5倍とお得になっていて、誕生月は毎年ポイントが3倍となります。

高額となる欲しいモノは、我慢して誕生月に購入すればポイントも×3倍となって、お得なお買い物が実現します。

また、1年間のカード利用額が50万以上で、300ポイントがプレゼント。さらに、年間のカード利用額がアップするごとに、獲得ポイントもアップしていきます。

初年度は1.5倍、年間50万円以上の利用で1.5倍、年間100万円以上で1.8倍、年間200万円以上になると2.0倍にアップします。

貯めたポイントは5年間有効

ライフカードのポイントは有効期限が5年間と長期間の設定なので、ポイントが貯めやすく、執行しにくい特徴があります。

ライフカードのポイントは「LIFEサンクスポイント」とされ、楽天ポイントやPontaポイント、dポイント、ANASKYコイン、ベルメゾンポイント、Gポイントに交換可能です。

さらに、ANAマイルへの交換も可能なので、ANAをよく利用する方なら利用価値は高いでしょう。

新規入会&利用で最大10000ポイントもらえる

ライフカード公式サイト

年会費無料で使える!

ライフカードのデメリット

ライフカードは年会費無料・ポイントアップシステムあり・誕生月はポイント3倍・ETC、家族カード無料と完全無欠のクレジットカードに見えますが、探してみるとデメリットもあるようです。

それぞれ解説していきます。

通常時の還元率が約0.5%と低いのが残念

ライフカードでは、誕生月にポイントが3倍になるサービス特典がありますが、通常時での還元率は0.5%と低い状況にあります。

利用金額に応じてポイント還元率もアップしていきますが、最低ラインがせめて1.0%あると嬉しいですね。

家族カードには誕生日特典がない

本人カードには誕生月に、ポイントが3倍となるサービスが適用されますが、家族カードではこのサービスが適用されません。

家族カードも、本人カードと同じサービス内容と思い込んで申し込むと、残念な結果になってしまいるため、ご注意ください。

一般カードには海外旅行傷害保険が付帯しない

ライフカードには複数のカードが存在します。それぞれで特徴があり、旅行傷害保険付きタイプのライフカードも発行されています。

しかし、一般カードには海外旅行傷害保険が付帯しないので、このことも承知した上でカード種類を選ぶようにしましょう。

新規入会&利用で最大10000ポイントもらえる

ライフカード公式サイト

年会費無料で使える!

ライフカード8種類の特徴を解説

ライフカードは種類がかなり豊富です。

今回は、おすすめライフカード8種類それぞれの特徴を解説していきます。

ライフカード

ライフカードの特徴

  1. 年会費永年無料
  2. 入会後1年間はポイント1.5倍
  3. 誕生月の利用はポイント3倍
年会費永年無料
国際ブランドVISA
マスターカード
JCB
ポイント還元率0.50%~1.00%
ポイント使用例・dポイント
・ベルメゾンポイント
・楽天ポイント
・ANAマイレージクラブ
・Pontaポイント
・Gポイント
・キャッシュバック
・その他
追加カードETCカード、家族カード
電子マネー非搭載
対応スマホ決済ApplePay
GooglePay
楽天ペイ
保険・補償対象なし
マイル交換ANAマイル
申し込み対象高校生を除く18歳以上
発行スピード最短3営業日

ライフカードはカード種類では、一般カードとなります。年会費無料でETCカード、家族カードも無料で発行される、便利でお得なクレジットカードです。

通常時のポイント還元率は低めですが、カード利用額に応じて還元率がアップしますし、誕生月にカード利用すると、ポイントが3倍となる嬉しいサービスも用意されています。

LIFEサンクスポイントも有効期限が5年と長期なので、ポイントを無駄に失効させなくて済みますし、より多くのポイントを貯めることも可能です。

新規入会&利用で最大10000ポイントもらえる

ライフカード公式サイト

年会費無料で使える!

ライフカードゴールド

ライフカードゴールドの特徴

  1. 国内外問わず最高1億円の旅行傷害保険が付帯
  2. 最高200万円のシートベルト傷害保険が自動付帯
  3. 全国の主要空港のラウンジが無料で利用可能
  4. 法律相談が1時間無料の弁護士無料相談サービス
年会費11,000円(税込)
国際ブランドVISA
マスターカード
ポイント還元率0.50%~1.00%
ポイント使用例・dポイント
・ベルメゾンポイント
・楽天ポイント
・ANAマイレージクラブ
・Pontaポイント
・Gポイント
・キャッシュバック
・その他
追加カードETCカード、家族カード
電子マネー搭載なし
対応スマホ決済ApplePay、GooglePay、楽天ペイ
保険・補償《海外旅行》
死亡後遺障害:10,000万円(自動付帯:10,000万円)家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療:300万円(自動付帯:300万円)家族特約150万円(自動付帯:150万円)
疾病治療:300万円(自動付帯:300万円)家族特約150万円(自動付帯:150万円)
携行品損害:40万円(自動付帯:40万円)家族特約20万円(自動付帯:20万円)
賠償責任:10,000万円(自動付帯:10,000万円)家族特約5,000万円(自動付帯:5,000万円)
救援者費用:300万円(自動付帯:300万円)家族特約300万円(自動付帯:300万円)

《国内旅行》
死亡後遺障害:10,000万円(自動付帯:10,000万円)家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
入院保険金日額:10,000円(自動付帯:10,000円)家族特約5,000円(自動付帯:5,000円)
通院保険金日額:4,000円(自動付帯:4,000円)家族特約2,000円(自動付帯:2,000円)
手術保険金:20万円(自動付帯:20万円)
ショッピング保険(海外・国内):最高200万円
シートベルト傷害保険:日本国内で自動車搭乗中にシートベルトを着用していた場合に200万円補償
マイル交換ANAマイル
申し込み対象23歳以上で、本人に安定した継続的な収入のある方
発行スピード最短3営業日

ライフカードゴールドは、年会費11,000円(税込)のゴールドカードです。ゴールドカードに相応しい、サービスがたくさん付帯しています。海外旅行傷害保険も家族特約までも自動付帯。ライフカードゴールドを持っているだけで、保険が家族にまで適用されます。

また、クレジットカードの付帯保険として珍しい、最高200万円のシートベルト保険も付帯。ショッピング保険は海外、国内問わず最高200万円が補償されるなど、保険関係は手厚くなっています。

ゴールドカード専用の、空港ラウンジサービス・ロードサービス・ダイヤルデスク・提携弁護士への無料相談サービスなど、ゴールドカードならではのクオリティの高い充実した付帯サービスが利用できます。

GOLD会員専用サービスが利用可能

ライフカードゴールド公式サイト

最高レベルのポイントサービス!

学生専用ライフカード

学生専用ライフカードの特徴

  1. 卒業後も年会費無料
  2. 海外旅行傷害保険が自動付帯
  3. 海外でのカード利用総額の3%をキャッシュバック
年会費永年無料
国際ブランドVISA・マスターカード・JCB
ポイント還元率0.50%~1.00%
ポイント使用例・dポイント
・ベルメゾンポイント
・楽天ポイント
・ANAマイレージクラブ
・Pontaポイント
・Gポイント
・キャッシュバック
・その他
追加カードETCカード
電子マネー搭載なし
対応スマホ決済ApplePay、GooglePay、楽天ペイ
保険・補償《海外旅行》
死亡後遺障害:2,000万円(自動付帯:2,000万円)傷害治療:200万円(自動付帯:200万円)
疾病治療:200万円(自動付帯:200万円)携行品損害:20万円(自動付帯:20万円)
賠償責任:2,000万円(自動付帯:2,000万円)救援者費用:200万円(自動付帯:200万円)
マイル交換ANAマイル
申し込み対象18歳以上~25歳以下学生専用
発行スピード最短3営業日

学生専用ライフカードは大学生にとって、メリットの大きなクレジットカードです。年会費は卒業しても無料なので、永年無料。海外旅行や海外留学するなら、学生専用ライフカードが強い味方になってくれます。

最高2,000万円の手厚い海外旅行傷害保険や、海外でのカード利用の総額から3%のキャッシュバックを受けることが可能。キャッシングで現地通貨を調達できるので、大活躍するカードです。

何より、ライフカードでの学生用の審査によってカード発行されるので、クレジットカードを作るにはとても有利です。学生専用ライフカードは学生の方には、ぜひともおすすめしたいクレジットカードです。

卒業後も年会費無料

学生専用ライフカード公式サイト

学生生活を強力サポート!

デポジット型ライフカード

デポジット型ライフカードの特徴

  1. クレヒスに不安があっても発行可能
  2. 事前にデポジット(保証金)を預けるだけで利用できる
  3. ETCカードも発行可能
年会費5,500円(税込)
国際ブランドマスターカード
ポイント還元率0.50%~1.00%
ポイント使用例・dポイント
・ベルメゾンポイント
・楽天ポイント
・ANAマイレージクラブ
・Pontaポイント
・Gポイント
・キャッシュバック
・その他
追加カードETCカード、家族カード
電子マネー搭載なし
対応スマホ決済ApplePay、GooglePay、楽天ペイ
保険・補償《海外旅行》
死亡後遺障害:2,000万円(自動付帯:2,000万円)
傷害治療:200万円(自動付帯:200万円)
疾病治療:200万円(自動付帯:200万円)
携行品損害:20万円(自動付帯:20万円)
賠償責任:2,000万円(自動付帯:2,000万円)
救援者費用:200万円(自動付帯:200万円)

《国内旅行》
死亡後遺障害:1,000万円
シートベルト傷害保険:日本国内で自動車搭乗中にシートベルトを着用していた場合の事ゆえに対し200万円補償
マイル交換ANAマイル
申し込み対象日本国内にお住いの20歳以上で、電話連絡が可能な方
発行スピード最短3営業日
補償金必要額10万円(限度額)カード受取時に代引きで支払い

デポジット型ライフカードは、クレジットカードの審査に不安のある方や、どのクレジットカードに申し込んでも、審査落ちしている方でも利用できるクレジットカードです。

デポジットとはあらかじめ保証金を預けて、その金額内で買い物ができるシステムです。プリペイド型のクレジットカードでは、ETCカードは発行されませんが、このクレジットカードならETCカードの発行が可能となります。

ただし、デポジットの上限である10万円を預けた場合に限って発行されるので、ご注意ください。デポジットは、カード受取時に代引きで支払う仕組みとなっています。

海外旅行傷害保険やLIFEサンクスプレゼント、弁護士無料相談サービスも付帯しているので、一般カードよりもスペックは高くなっています。審査に不安があって、ETCカードを作りたい方には、ぴったりなクレジットカードです。

弁護士無料相談サービス付き

デポジット型ライフカード公式サイト

国内・海外旅行傷害保険が自動付帯!

デポジット型ライフカードゴールド

デポジット型ライフカードゴールドの特徴

  1. デポジット型のゴールドカード
  2. 国内外問わず最高1億円の旅行傷害保険が自動付帯
  3. ライフカードゴールド限定の「空港ラウンジサービス」
  4. 限度額90万円と190万円の2種類から選択
  5. 弁護士無料相談サービスも付帯
年会費限度額90万円カード:11,000円(税込)
限度額190万円カード:22,000円(税込)
国際ブランドマスターカード
ポイント還元率0.50%~1.00%
ポイント使用例・dポイント
・ベルメゾンポイント
・楽天ポイント
・ANAマイレージクラブ
・Pontaポイント
・Gポイント
・キャッシュバック
・その他
追加カードETCカード、家族カード
電子マネー搭載なし
対応スマホ決済ApplePay、GooglePay、楽天ペイ
保険・補償《海外旅行》
死亡後遺障害:10,000万円(自動付帯:10,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療:300万円(自動付帯:300万円)、家族特約150万円(自動付帯:150万円)
疾病治療:300万円(自動付帯:300万円)、家族特約150万円(自動付帯:150万円)
携行品損害:40万円(自動付帯:40万円)、家族特約20万円(自動付帯:20万円)
賠償責任:10,000万円(自動付帯:10,000万円)、家族特約5,000万円(自動付帯:5,000万円)
救援者費用:300万円(自動付帯:300万円)、家族特約100万円(自動付帯:100万円)

《国内旅行》
死亡後遺障害:10,000万円(自動付帯:10,000万円)
入院保険金日額:10,000円(自動付帯:10,000円)
通院保険金日額:4,000円(自動付帯:4,000円)
手術保険金:10万円(自動付帯:10万円)
ショッピング保険(海外・国内):最高200万円
シートベルト傷害保険:日本国内で自動車搭乗中にシートベルトを着用していた場合の事ゆえに対し200万円補償
マイル交換ANAマイル
申し込み対象日本国内にお住いの20歳以上で、電話連絡が可能な方
発行スピード最短3営業日
補償金必要額20万円~90万円(限度額)100万円~190万円(限度額)カード受取時に代引きで支払い

デポジット型ライフカードゴールドは、あらかじめ限度額の金額を預けることでクレジットカードとして利用できます。デポジットとはいえ、付帯サービスは豊富で国内外問わず、最高1億円の旅行傷害保険が自動付帯。海外旅行傷害保険には、家族特約まで自動付帯します。

その他、空港ラウンジサービスや弁護士無料相談サービスも利用可能。ETCカードや家族カードも発行できるので、通常のゴールドカードと何ら変わらないスペックの高いクレジットカードとなっています。

券面もゴールドデザインで、デポジット型とは誰も感づかないでしょう。デポジット型ライフカードゴールドの限度額は2種類あります。限度額の低い方は「20万円~90万円:年会費11,000円(税込)」で、10万円刻みで預け入れが可能。限度額の高い方は「100万円~190万円:年会費22,000円(税込)」で、これも10万円刻みで預け入れが可能となっています。

限度額190万円のゴールドカードには、ロードサービスがさらに付帯します。

審査が不安な方でも、デポジットを行うことでスペックの高いゴールドカードを手にすることが可能となっています。

弁護士無料相談サービス付き

デポジット型ライフカードゴールド公式サイト

ETCカードは年会費無料で発行可能!

ライフカード<旅行傷害保険付き>

ライフカード<旅行傷害保険付き>の特徴

  1. 初年度年会費無料
  2. 国内旅行傷害保険&海外旅行傷害保険が付帯
  3. 最高200万円のシートベルト傷害保険が付帯
年会費初年度無料次年度以降1,375円(税込)
国際ブランドマスターカード・VISA・JCB
ポイント還元率0.50%~1.00%
ポイント使用例・dポイント
・ベルメゾンポイント
・楽天ポイント
・ANAマイレージクラブ
・Pontaポイント
・Gポイント
・キャッシュバック
・その他
追加カードETCカード、家族カード
電子マネー搭載なし
対応スマホ決済ApplePay、GooglePay、楽天ペイ
保険・補償《海外旅行》
死亡後遺障害:2,000万円(自動付帯:2,000万円)
傷害治療:200万円(自動付帯:200万円)
疾病治療:200万円(自動付帯:200万円)
携行品損害:20万円(自動付帯:20万円)
賠償責任:2,000万円(自動付帯:2,000万円)
救援者費用:200万円(自動付帯:200万円)

《国内旅行》
死亡後遺障害:10,000万円
シートベルト傷害保険:日本国内で自動車搭乗中にシートベルトを着用していた場合の事ゆえに対し200万円補償
マイル交換ANAマイル
申し込み対象日本国内にお住いの18歳以上で、電話連絡が可能な方
発行スピード最短3営業日

ライフカード<旅行傷害保険付き>は、一般用のライフカードに旅行傷害保険を付帯させたバージョンとなります。海外旅行では最高2,000万円の傷害保険が自動付帯して、補償内容も「傷害疾病・携行品損害・賠償責任・救援者費用」の各補償が自動付帯します。

国内旅行では、最高1,000万円の死亡後遺御障害が利用付帯、さらにシートベルト傷害保険も付帯します。初年度年会費無料なのに、手厚い補償が受けられるスペックのクレジットカードです。

LIFEサンクスポイントも変わらず貯まっていくので、使い勝手のよいクレジットカードです。

初年度年会費無料

ライフカード<旅行傷害保険付き>公式サイト

国内旅行傷害保険・海外旅行傷害保険が付帯!

ライフカードビジネス ゴールドカード

ライフカードビジネス ゴールドカードの特徴

  1. 特典充実のゴールドカードでも初年度年会費無料
  2. 口座振替なので、振込費用の削減や事務処理をサポート
  3. ビジネス経費の区別が明確、経費支出の管理が簡単
  4. ゴールドカードには充実したサービスが付帯
年会費初年度無料次年度以降2,200円(税込)
用途事業決済用
国際ブランドマスターカード・VISA・JCB
ポイント還元率0.50%~1.00%
ポイント使用例・dポイント
・ベルメゾンポイント
・楽天ポイント
・ANAマイレージクラブ
・Pontaポイント
・Gポイント
・キャッシュバック
・その他
追加カードETCカード、従業員カード
電子マネー搭載なし
対応スマホ決済ApplePay、GooglePay、楽天ペイ
保険・補償《海外旅行》
死亡後遺障害:2,000万円(自動付帯:2,000万円)
傷害治療:200万円(自動付帯:200万円)
疾病治療:200万円(自動付帯:200万円)
携行品損害:20万円(自動付帯:20万円)
賠償責任:2,000万円(自動付帯:2,000万円)
救援者費用:200万円(自動付帯:200万円)

《国内旅行》
死亡後遺障害:10,000万円
入院保険金日額:5,000円
通院保険金日額:3,000円
シートベルト傷害保険:日本国内で自動車搭乗中にシートベルトを着用していた場合の事ゆえに対し200万円補償
ビジネスカード専用サービスMastercard優待サービス
Visaビジネスオファー
Visaビジネスグルメオファー
クラウド会計ソフトfreee(フリー)
弁護士無料相談サービス
海外アシスタンスサービス
旅行サービス<TravelGate>
福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」
マイル交換ANAマイル
申し込み対象法人または個人事業主
発行スピード最短4営業日

ライフカードビジネスには、年会費無料のスタンダードカードと初年度年会費無料、次年度以降2,200円(税込)のゴールドカードの2つのタイプが発行されます。

ゴールドカードには、サンクスプレゼントや空港ラウンジサービス、国内・海外旅行傷害保険、シートベルト傷害保険、ショッピング保険などが付帯する、スペックの高いカードとなっています。

初年度年会費無料

ライフカードビジネス ゴールド公式サイト

ビジネス経費の区別が明確、経費支出の管理が簡単!

ライフカードビジネス スタンダード

ライフカードビジネス スタンダードの特徴

  1. スタンダードカードは年会費永年無料
  2. 口座振替なので、振込費用の削減や事務処理をサポート
  3. ビジネス経費の区別が明確、経費支出の管理が簡単
年会費永年無料
用途事業決済用
国際ブランドマスターカード・VISA・JCB
ポイント還元率ポイント対象外
ポイント使用例ポイント対象外
追加カードETCカード、従業員カード
電子マネー搭載なし
対応スマホ決済ApplePay、GooglePay、楽天ペイ
保険・補償付帯無し
ビジネスカード専用サービスMastercard優待サービス
Visaビジネスオファー
Visaビジネスグルメオファー
クラウド会計ソフトfreee(フリー)
弁護士無料相談サービス
海外アシスタンスサービス
旅行サービス<TravelGate>
福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」
マイル交換対象外
申し込み対象法人または個人事業主
発行スピード最短4営業日

スタンダードタイプには、サンクスプレゼントが付帯しないのでポイントを貯めることができません。

また、他の保険サービスなども付帯がありません。

ビジネスに関するサービスについては、両カード共通で付帯しているので会社のスタイルに合ったタイプを選ぶとよいでしょう。

初年度年会費無料

ライフカードビジネス公式サイト

振込費用の削減や事務処理の軽減に!

ライフカードがおすすめな人

ではここで、ライフカードがおすすめな人はどのような人なのか、改めて確認してみましょう。

年会費無料でETCや家族カードを活用したい人

ライフカードは本人カードも、ETCカードも家族カードさえもすべて無料で発行されるクレジットカードです。

このように発行されるすべてのカードを、年会費無料で持ちたい人にはなのがライフカードでしょう。

クレジットカードを持ちたい学生

ライフカードには学生専用カードがあり、年会費は無料で一般カードよりもスペックが優秀です。

海外旅行傷害保険が自動付帯、海外でのカード利用総額の3%がキャッシュバックなど、一般カードには付帯していないサービスが付帯します。

何よりも、大学生であれば安定した継続的収入などの審査条件が緩和されて、学生専用のライフカードでの審査となっているので、クレジットカードを持つには好条件となります。

大学生時代からよいクレヒスを積んでおけば、社会人1年生でもゴールドカードに昇格することも可能となりますので、クレジットカードを持ちたいと考えている学生には、おすすめのカードです。

さまざまなデザインの中からクレジットカードを選びたい人

ライフカードには、豊富なカードデザインが用意されています。人気アニメの「ソードアート・オンライン」のオリジナルデザインや、HAIDEの顔がアップされたデザイン、幕末の偉人として有名な坂本龍馬のカードデザインは、高知県立坂本龍馬記念館に保管されている、本物の写真を複製して作成されています。

このように、ライフカードには豊富なデザインのクレジットカードがラインナップしているので、さまざまなデザインの中からカードを選びたい方には、ぴったりなクレジットカードです。

新規入会&利用で最大10000ポイントもらえる

ライフカード公式サイト

年会費無料で使える!

ライフカードの口コミ・評判

ライフカードを使っている方の口コミをご紹介します。

ライフカードの口コミ

26歳/女性 

お店の入り口で登録の声掛けをしてもらったのがきっかけです。最初は、手続きが大変かなと思い悩みましたがポイントが付くのと加入したらまたポイントがもらえるということでした。思っていたより手続きは簡単でした。日常生活は基本的にクレジットカード払いなので、ライフのカードを作れば普段使うカードよりポイントがたまりとても良いと感じました。また、会計で自動精算機なのでクレジットカードのほうが会計がスムーズにできます。


30歳/男性 

現在はあまり使用しておりませんが、可もなく不可もなしといったイメージです。これといって目立つポイントもないように思えます。クレジットカードを作るうえで大きなこだわりがなく、とりあえずカードが欲しいという方には良いかと思います。デザインもシンプルなものが多いので使いやすいように感じます。また、誕生日の月ですとポイントが3倍になりますので、それも使っていて嬉しいサービスなんじゃないかと思っております。


32歳/男性 

年会費が無料でお得だと思って作りました。収入が低い人でも審査をパス出来ることで広くに向けてサービスを提供してくれる良い経営理念にも好感を持ったので入会しました。キャンペーンが魅力的であり、入会してからの月日によってポイント還元率の優遇があります。自分の誕生日の月にはポイントが3倍になるキャンペーンがあり、これにはサービス側からのお祝いの思いが詰まっていて嬉しくなりました。L-Mallを介してのネットショッピングでの支払いにカードを使用します。L-Mall経由での買い物で更にポイントが発生する点でもお得です。全体的にポイントが溜まりやすい仕組みになっていることに好感がもてました。


34歳/男性 

ライフカードはポイント還元率が高いクレジットカードとは言えないのでメインカードとして毎日持ち歩くことはないですが、誕生月はポイントが3倍になるので大きな買い物の決済で使うことが多いです。直近の誕生月は欲しかったトレーニングマシンを購入しましたが、ポイントが3倍なので結構お得に買い物できたと思います。ライフカードは年会費無料なので特に解約する理由もないですし、ポイント3倍のおかげで誕生月が少し楽しみになるので気に入ってます。


36歳/女性 

通常利用に関しては、VISAカードを利用していたため、国内でも海外旅行でも基本的にどこのお店でも問題なく利用できました。個人的には、海外旅行保険の自動付帯を目当てにカード利用をしていました。事前申し込みや旅行代金の申し込みをしなくても保険が適用されるため、とても安心して旅行することができました。携行品の損害補償を利用させていただきましたが、保険請求もサポートに電話してとてもスムーズにしていただきました。国内旅行保険は利用付帯でしたが、携行品の補償はないため、利用したことはありませんが、国内旅行保険の補償がないクレジットカードもあるので、旅行好きには良いカートだと思います。


36歳/女性 

誕生日月にはポイントアップがあったり、他と比べてポイント付与率が高かったので作りました。家族カードのポイントを合算できることもあり、どんどんポイントが貯まっていって喜んでいましたが、ポイント付与制度の改悪があり最近はあまり貯まりません。使った分の請求明細がすぐにメールで届くのも安心感がありよかったです。VISAを付けていて決済に使えないことがなく重宝していましたが、ポイント制度の改悪から他のカードに変えたいと思い始めています。


37歳/男性 

ライフカードは特に大きな理由はないが、広告やCMも多く流れているので安心かなと思い作りました。年会費が無料で使えることやポイントの還元率が高いのも魅力として使っています。また車にも乗っているのでETCカードも一緒に作れたことも魅力的でした。他にもクレジットカードは持っていますが、使えないという事が少ないので初めて使うお店やネットでの決済はライフカードにしてます。また誕生日月はポイントが上がるので、特に使うようにしてます。


41歳/女性 

年会費無料のクレジットカードを欲しくて作りました。今ではたくさんの年会費無料のカードがありますが、作った当時は今ほども多くはなく、その中で、券面のデザインがとても気に入りライフカードに決めました。青のカッコイイデザインは今もとても気に入ってます。利用は、特定の引き落としなどでそこまで使っておらず、またほかにもクレジットカードを持つようになりましたが、今後も解約することはないと思います。クレジットカードといえば、保険などのDMが来るのが鬱陶しいと思っていた私にとってはそれだけで好感が持てるというもので。ポイント還元率など減少傾向にありますが、10年以上使った信頼感が揺るぎないカードです。


43歳/男性 

年会費無料で持つことができて、入会後1年間はポイント1.5倍になるといった特典も付いています。さらに誕生日月にはポイント還元率が3倍になるので、誕生日月にはまとめ買いをしています。さらにL-MALL経由でネットショッピングをすればさらにポイント還元率を上げることができる点も良いです。またポイントが失効しにくいところも良いです。ポイントの有効期間は5年とかなり長いのが良いです。一方残念な点は、海外旅行傷害保険は付帯していない点とカードデザインが格好良くない点です。


45歳/男性 

入会した時は、特典が多かったのですが時が経つに連れて改悪が進んでしまい大変に残念です。クレジットカードはポイントの還元率がやはり重要ですので入会当時は、他社のクレジットカードよりも条件が良かったと思います。毎日ポイントサイトでポイントくじのようなモノもあり、楽しみにしておりましたがなくなりました。誕生月のポイント倍増も5倍から3倍になりました。今年は一定の金額を超えた場合に付与されるポイントも付与されなくなりました。もし今後、年会費が有料になれば解約します。もうこれ以上改悪が続くとライフカードの良さは無くなります。


45歳/男性 

店員の勧めでポイントもたくさんついてお得ですよ、ETCカードは無料でできますよということで作ることにしました。クレジットカード払いを自分なりに駆使して年間1万ポイントほど行くこともありました。私の場合は年会費が3000円ほどかかるということで損得勘定でやや得するという結論で使ってよかったという感想を持っています。他のクレジットカードを利用していないので比較ができませんがいい方ではないかと思ってます。


46歳/男性 

クレジットカード以外にも無料でプリペイドカードを申し込め、現金の代わりに決済をするために使いました。ポイントの還元率は誕生月の11月になると3倍にもなり、年会費が無料で有効期限も長く使い忘れて失効することを防ぎやすいです。支払い方法はリボ払いにもでき一括払いが難しい場合にも最適で、予定よりも収入が少ない場合に使いました。エルモールは会員であればお得にネットショッピングができ、ショッピングをメインに利用する際には便利です。


46歳/男性 

本カードはサブで約2年間利用しています。申込したきっかけは、他社カードのように共通ポイントが貰えるとかの動機ではありませんでした。利用しているポイントサイトが普段よりも高ポイントだったのがきっかけです。カードは申し込んでから5日で届きましたので特に遅くありませんでした。実際に利用した感想ですが、ポイントが貯まり辛い・・・。誕生日に利用するとポイント還元率がアップしますが、特典としては魅力がないのが本音。他社カードであれば、特定日や会社が設けたキャンペーンなどもっと頻繁な頻度で行われています。メリットがあまり実感できないので、近いうちに断捨離を実行しようと思っています。


50歳/男性 

ライフカードは維持費が最高ですね。ライフカード自体の年会費無料なのと、ETCカードも無料なのが気に入ってます。私は車を持っていて高速道路もたまに利用します。ただその頻度が数か月に一回程度なので、年会費が有料だと勿体ない。でもライフカードなら無料なので助かっています。あと誕生月はポイント3倍なのでその時に買い物してポイントをガツンと溜めるようにしています。ポイント有効期限は5年とかなり長いので、有効期限を気にせずに使えるのも便利です。


54歳/男性 

大手である安心感から長く使わせていただいています。誕生月はポイント還元率が高くなりますので、そこでまとめて買い物をするのが毎年の恒例です。かつては誕生月は5倍でしたが、いまは3倍となってしまいました。それでも、まだまだ、うれしい特典だと感じています。特に高額なものは、誕生月と決めて購入しています。高額な商品であるほど、ポイント3倍の効果が効いてきます。ポイントの繰り越しも出来ますので、使いやすいカードだと思います。

ライフカードで貯まるポイントの使い道

ライフカードのポイントは「LIFEサンクスポイント」として貯まっていきます。

ライフカード利用者がどのようにポイントを活用しているのか紹介していきます。

ポイントの使い道

26歳/女

普段買わないお肉や魚、果物など日常的に手か出さないものを買うときに使います。毎日買い物はするのですぐたまります。ポイントがあるから今日は買おうかなと思うことができます。


30歳/男性

誕生日の月に利用すると3倍のポイントになりますので、一年に一度、自分へのご褒美として誕生日プレゼントをたくさん購入してしまいます。特別ポイントが溜まりやすいというわけではありませんが使いやすいカードだと思います。


32歳/男性

楽天で買い物をすることが多いので、楽天ポイントに変換して支払いに使っている。Pontaポイントに変換してコンビニでの買い物支払いに当てることもあります。ギフトカード、現金にも交換することがあります。


34歳/男性

dポイントにすることが多いです。dポイントは使い勝手が良いですし、ドコモの投資サービスであるdポイント投資でポイントを運用しているのでその元手にします。


36歳/女性

ポイントの還元率はそこまでずば抜けて良いわけではありませんが、誕生月は3倍になったり、初年度は1.5倍溜まるので、初年度は結構たまったので、次年度の年会費の支払いに当てることができたのでとてもお得感がありました。


36歳/女性

ポイントは毎回持ち越しをしており、沢山貯めてから交換率の高いお得なVプリカカードかアマゾンギフト券などのギフトカードに交換しようと思っています。


37歳/男性

ポイントが5年間貯めておけるので、だいたい年末にまとめて楽天ポイントに変えて、楽天の買い物に使っているか、友人へのプレゼントとしてAmazonギフト券で渡した事もあります。


41歳/女性

少額しか使わないので、正直ポイントは殆ど貯まりませんません。期限を延長したりしながら貯めますが、欲しいような商品交換ほども貯められないので、少額でできる寄付などに使っています。


43歳/男性

貯めたポイントは、主にAmazonギフトに交換をしています。それ以外では、JCBギフトカードに交換することもあります。主にこの2つをポイントの交換先としています。


45歳/男性

Vプリカにポイント変換できるのは良いと思います。Vプリカの中でもお得に変換できるコースもあります。そのコースはVプリカのカードが届くまで1ヶ月ぐらいかかりますがポイント変換ではお得です。Vプリカに変換できるのはライフカードの良さだと思います。


45歳/男性

洋服の青山でポイント分の商品を選んで購入して重宝しています。バッグや靴、スラックスやカジュアルな洋服などを溜まったポイント分で年1度交換しています。貯めたポイント分しか使わないポリシーなので妥協する時もあります。


46歳/男性

普段では購入できない価格が高い商品と交換するために使い、キャッシュバックをするよりもオトクなため便利です。商品との交換はある程度のポイントが必要ですが、レアなものもあるため楽しみになります。


46歳/男性

2年間使用していたけどあまりメリットが感じられなかったので、先月に貯まったポイントを交換しました。その時に交換した商品は、楽天ポイントでした。楽天ポイントなら使い道も多いので即決しました。


50歳/男性

基本的に使わずにとっておき、欲しい家電品等があったら楽天市場かAmazonで購入します。その際に溜まっていたポイントを楽天ポイントへの移行かAmazonギフト券の購入に使ってネット通販の助けにしています。


54歳/男性

商品券にすることが多いです。一旦、商品券にしておけば、期限などを気にすることなく、好きな時に、好きなものに変えることができると考えています。

ライフカードの申し込みから発行の流れ

ライフカードは申し込みから、最短3営業日でカード発行が行われます。

ここでは、ライフカードの申し込みから、発行までの流れを確認しましょう。

申し込み条件

ライフカードの申し込み条件は、日本国内にお住まいの高校生を除く18歳以上で、電話連絡が可能な方。ただし、未成年の方は親権者の同意が必要です。

申し込みフロー

ステップ1:当日

オンラインにて、申込み内容を入力

ステップ2:最短1営業日後

ライフカードで所定の審査を行った後、審査結果メールが届きます。

ステップ3:オンラインで支払い口座の設定

審査結果メールに記載のURLから、インターネット上で引き落し口座登録の手続きを行います。

ステップ4:最短3営業日後

自宅あてに簡易書留郵便、または本人限定郵便でライフカードが発送されます。

ステップ5:カード到着後

会員専用Webサービス「LIFE-WebDesk」へログインします。

ライフカードに関するQ&A

ここでは、ライフカードに関する疑問を解決しておきましょう。

ライフカードの審査難易度は?

ライフカードの審査難易度は、比較的低い部類に属しています。

ただし、審査の難易度が低いのは、一般カードや学生専用カードとなります。ゴールドカードについては、一般カードよりもステイタスが高いカードとなりますので、審査難易度も高くなります。

ライフカードの締め日・引き落とし日は?

ライフカードでの支払いは、銀行口座振替となります。

締め日は毎月5日締めで支払いは当月の27日となっています。ですから、前日の26日には口座に引き落とし用の金額を入金しておきましょう。

キャッシングについては、月末締めの翌月27日支払いとなります。ただし、金融機関によっては3日払いになるケースもありますので、ご注意ください。

ライフカードで貯まるポイントはどこで使えるの?

ライフカードのポイントは「LIFEサンクスポイント」として貯まっていきます。

貯まったポイントは、楽天ポイントやPontaポイントなど、さまざまなポイントに交換したり、キャッシュバックしたりすることも可能です。

そのすべてを行うのが、「LIFE-WebDesk」です。ポイントの交換は、この「LIFE-WebDesk」にて行います。

まとめ

今回は、ライフカードについて詳しく解説してきました。ライフカードでは、スペックの高いゴールドカードでも年会費が11,000円(税込)と、リーズナブルな年会費となっています。

また、デポジット型のライフカードがあれば、ETCカードや家族カードも作れるのでとても便利です。家族カードは不要としても、ETCカードはクレジットカードが発行されないと作れないカードです。

現在の高速道路を通行するには、ETCカードが必須となっているので、審査に不安のある方にはとても助かるクレジットカードでしょう。

記事内では、8種類のライフカードをご紹介しているため、ご自身のライフスタイルに合ったカードを選んでくださいね。

新規入会&利用で最大10000ポイントもらえる

ライフカード公式サイト

年会費無料で使える!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次